花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: アートのある暮らし


先日、
京都高島屋で開催中の


「没後20年 特別展 星野道夫の旅」


へ行ってきました。





星野さんは生きている!

写真も生きている!


と感じることができた
本当にすばらしい写真展でした。



神田の とある古本屋で 
星野青年の目に止まった
アラスカの写真集。


その写真集のなかの
ある村の写真の一枚に魅せられて、
そこにどうしても
行ってみたくなって、


でも、
誰にどうコンタクトしたら
よいかわからくて。



その村の村長さん宛に
手紙を出せば
きっと読んでくれるんじゃないかと、
書き綴った。


'Dear Mayor,'


手紙を投函してから、
ずいぶんと時間が経ち、
忘れかけていた頃に
村長さんからの返事が届く。


'You are welcome to stay with us.'


これを読んだ時、
星野さんは
どんなにワクワクしただろう。



わたしも胸がぎゅーっとなった。



星野さんの
アラスカへの旅の始まり。



今回の写真展の
始まり。



没後20周年ということもあり、
思ってた以上のたくさんの写真。



星野さんが 生前使っていた
カメラ、カヤック、靴なども。



クジラを捕獲したら、
村人全員で分け合って、
さいごに 顎の骨を海に返す



ネズミの巣穴から
エスキモーポテトをとったら、
お返しにドライフィッシュを入れる


祈りのこもった、
いただきますごちそうさま



私たちは、
いつも だれかのいのちを
いただいて 生きている、


自然の中に生きていることを
忘れてはいけない、



そんなことを、
自然に 気づかせてくれる星野さん。



写真展の最後を飾る 
星野さん直筆のことばが、
壁に書かれていました。



'短い一生で
心魅かれることに多くは出逢わない
もし 見つけたら
大切に・・・大切に・・・'



わたしの大切にしている星野さん本たち


私の人生のなかで
心惹かれたことの一つは、


星野道夫と出逢ったこと


それだけは、
まちがいない。



○○○


余談です。



いつか生で観たいと
ずっと思っていた写真があって。



どの本?雑誌?を見たのか、
どこで撮影されたものなのか
すっかり忘れてしまってて。


でも、
ヴィジュアルでの記憶には
鮮明にありました。
(星野さん関連の書籍で見ることはほとんどない)
 


そこで、
写真展に行く前から
空の上の 星野さんに


「星野さん、あの写真が見たいです」


と お願いしてました。

 
当日は
あるかな、あるかな、
と ちょっとドキドキしながら
足を進めてました。



後半にさしかかったところで、
視界に飛び込んできた!


あったー!!!


文字通り、
飛び上がって喜びました。



キャプションを見ると、
ハイダ・グワイ(当時はクイーンズシャーロット島と呼んでいたと思う)の
岸辺で撮影されたものだった。



きっと
星野さんからのギフトだと
勝手に盛り上がった
おめでたき わたし。



星野さん、ありがとうございます。


わたしも、
長く愛されるような
作品をつくっていきたいです。




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)                             

🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼は、こちらから→


🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


🔸お問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 




おとといは、


待ちに待った
写真家赤阪友昭さんの
に行ってきました。








星野道夫没後20年、


雑誌Coyoteの特集となった
ハイダグワイ(クイーンシャーロット島)の先住民が
だいじに守り続けてきた
大自然と暮らし。







写真はもちろんだけど、
わたしは、
赤阪さんから聴くお話が
大好きで、


お話聴きたくて
さまざまなイベントに
参加させていただくように
なりました。



自然を通して、
独自のアンテナで、
ものごとの本質という
だいじなことを伝えて下さって
いると感じます。



kamidoko 森田さんも
そうだなあ。







先日、
わたしの世界に
突如 飛び込んできた(´∀`=)
瀬織津姫のことも、
たーくさんお聴きできました。


先日の関連記事→




もうね、
この姫関連のお話と
じぶんのことを
照らし合わせてみると、


いちいち すごすぎて、
クラクラでした。。。



ここでは
ちょっと書けないので、



興味がある方は
お会いしたときにでも
わたしにお声がけくださいね。
(ま、瀬織津姫に興味ある人は稀やろうけどね)




今回のできごとから、

一つ、
やっぱりそうだよな〜と
再確認したことがありました。



ふだんの生活で
いま、わたしが
特に意識して過ごしてるから、
ということもあると思いますが、


それは…

もし、
ふと、頭に浮かんだこと
(ことば、映像、音など)
なんか 気になるな〜ということ
があったとき、


それは、決して
気のせいではなくて
すべてなにかのメッセージだということ。



なぜ、そのことばが出てくるのか?
とか、なぜ、その映像が見えるの?
とか、

意味は、そのとき 分からなくても。



あとで、点が線に、立体的に
にどんどんつながっていき、


そうだったのか!と
なるはず。


なるはず、というより、
わたしは、
そうなってきたので、
そう思っています、です。



わたしの
今回の件もそうなんだけど、


ずっと何年もあとになって、
ああそうか!ということもある。



そして、
その流れの中で、
何か わたしに伝えようとしている
メッセージがあるんだな〜ということが
分かってきました。



メッセージ自体は、
まだナゾ、わからない。



でも、

小さい頃から
わたしの 中にずっとあり
いまもあり続けている


ある同じものに対して
同居する
恐怖心安らぎという感情を通して、


節目節目で起こる
同じようなハプニングを通して、


少しずつ、こっちだよと
教えてくれているところまでは
感じとれました。



そんな、小出しにせんと、
はよ〜教えて、という気も
なくはないけれどヽ(´o`;


きっとこういうのとて、
順番とかタイミングが
あるんでしょうね。



ちょっと
長くなりそうなので、
続きは、また次回に。



*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
赤阪友昭 写真展
Passage to Haida Gwaii

期間 2016. 09. 23 fri. - 10. 09 sun. 13:00 - 19:00(火曜日 休)

入場料 500円(ワンドリンク + お茶菓子付)



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)                             

🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼は、こちらから→


🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


🔸お問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 







昨日の記事
のさいごに、


もう一つの幸運なことが
あったと書きました。



それは…
コレ↓









うふ!



東京都美術館で開催中の

「木々との対話展


のポスタープレゼントに
当たったんです〜*(^o^)/*



うれしい、うれしい。


おめあては、

ポスターを飾っている鹿の彫刻、


大好きな
土屋仁応(つちや よしまさ)さん
の作品でした。



これ、木ですよ、木!


初めて生で見たときは、
ほんと、鳥肌立って感動だった



神秘的で、美しくて、
ぬくもりがあって、


見ているだけで、
浄化されてゆきそうな
エネルギーを感じます。




つい、先日の
インスタグラムの投稿で、
当たりますようにって
つぶやいていたばかり↓





わたしの未来日記には、
「当たってうれしい!」と、
喜びを先取りしています〜♪



いや、ほんと、
書いたり、口に出したり
してみるものです。



次は、


「関西で土屋さんの個展開催」


はたまた、


「土屋さんの彫刻が我が家に
仲間入り」


を念じてみよう




「木々との対話」展は
10/2まで
東京都美術館で
開催されています。





時間があれば
ぜひぜひ、
生の作品を
見に行ってみてください。



ほんと、すごいから。




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)                             

花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 







おとといの土曜日は、

大好きな写真家 赤阪友昭さんによる
スライドショー&トーク


「星を継ぐもの〜星野道夫の見た神話の世界」


に参加。






より多くの人と、

ではなく、

より参加者と
深くわかちあいたいからと、


あえて少人数での開催を希望され、
選ばれたという空間







'文字'ではなく、
生の声による'ことば' で
伝え、伝えられていくことの
意味、チカラ。


あの場にいられて
感じられたことが、
とても幸せだった。



前半は、

赤阪さんが
取材をされてきた
北カナダの
ハイダ・グワイ クイーンズシャーロット島)の
映像を見たり、


赤阪さんと交流のあった
写真家 故星野道夫さん、


星野さんとの親友であり、

今は赤阪さんとも親しく
交流されている

アラスカの先住民クリンギット族の
墓守で神話の語り手
ボブ・サムとの
エピソード、裏話 や、


アイヌの神話と
クリンギット、ハイダ、
エスキモーに受け継がれている
神話との共通性について、


などなど。



会の後半では、


赤阪さんが先住民の神話を
朗読してくださった。
(ボブ・サムのモノマネもご披露


神話の真の意味は、
わたしは、
半分も分からなかったけど、


分からないまま、今はだいじにそっとしておきたいとも思った )


だからこそ、
神話そのものが持っている
大きなエネルギーは
感じることができたと思う。



朗読前の、
何かが降りてきたような
厳かな空気感とか、


赤阪さんから
発せられることばの振動とか。


「聴いている」こと自体が、
とにかく心地よくて、


きっとだいじなものは、
深いレベルのところに
届いたような気がしている。





赤阪さんが伝えようとされていること、
もっと知って感じて、


わたしなりに受け取ったものを
循環させていけたらいいな。


○○○


そもそもの
赤阪さんとの出会いは、


3年前の秋、

苦楽園のとあるカフェに
置いてあった
赤阪さんの写真展
「水のゆくえ、石の記憶」
DMに魅せられたのが、
きっかけ。



その日は、
実際に写真を見てみたいと、


DMを手に、カフェを出て
そのまま写真展へ直行した。



スコットランドや
沖縄・久高島の
自然界からの呼吸が
聞こえてきそうな作品の数々に、


心をつかまれたことは、
ついこないだのことのよう。


ラッキーなことに、
ギャラリーには、
東京から会場入りされたばかりの
赤阪さんが在廊されていて、


作品についてのお話を
たくさん
お聞きすることができた。



そのお話の中で、
赤阪さんが、
長年久高島での撮影を
続けられていたこと
(その1ヶ月後に
私は久高島に行く予定にしていた)や、


星野道夫さんと
お仕事をされていたことを
知った。



それ以来、
勝手にご縁を感じて、
大阪でのイベントなどにも
参加するようになったのだった。






ご縁が繋がっていくことの
不思議さ、尊さを いつも思う。


不思議なんだけど、
それは、
偶然ではなく、


出逢った人とわたしとの
エネルギー(波動 )が 
呼応し合ったからで、


必然なのだと思っている。



じぶんの中の直感とか
本音が感じていることを、
なによりも
だいじにするようになってから


付き合いで何かをするとかは
ゼロ



そうしていると、
自然に 

わたしのまわりには、
本当にわたしの大好きな人しか
いなくなり(嫌な人は現れなくなる)


もうほんと、
ステキなことしか
起こらなくなるという
いいスパイラル。

(正確には、わたしの出来事に対する
反応、捉え方が変わる、ということなんだけどね





赤阪さんの今後のイベント情報

■あ。わ。の月プロジェクト
月のすむ宙の宴@京都

■赤阪さん写真展 PASSEGE to HAIDA GWAII @大阪




♡今日の小確幸(2016.9.10-11)♡

♡ことばのはおとさん、大好きな猫ちゃんファミリーのイベントをされてたことを知る。

♡ELKファーマーズマーケットの楽しい人たちとの時間、秋風の気持ちよさ。

♡東京から友人が来ることになり、赤阪さんイベントに一緒に行けることに。なんていいタイミング!



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)                             

花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 



↑このページのトップヘ