花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: アートのある暮らし

インスタグラムで

不定期に投稿しております

梨里の週末寄り道アートより


http://instagram.com/risato.malrikart 



↑こちらも宜しければ

遊びにいらしてください。

フォローも大歓迎です。



🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸









デザインと

ティファニーブルーのような

色彩に一目惚れ♡





昨日は、

インテックス大阪イベントに

出展中の金山幸代さん 

お会いしに…



そして、

わが家にお迎えしたてぬぐいです。






テーブルセンターや

髪をまとめるターバンにしても

すてきかも♡



と思いました。




布製品は、

デザインから製版、染め、縫製まで

すべて幸代さんご自身が

手作業で作られているそう…



すごいなー。



心から尊敬します。





お話しているうちに、

わたしは自分の絵柄で

浴衣を作りたい気持ちがむくむく

わいてきました(╹◡╹)♡



む、無謀?


夢は大きく!




とにもかくにも

とってもよい刺激を受けました。





幸代さん、

ありがとうございました。





幸代さんは東京が拠点で、

イベントにも

多く出店されてますので

ぜひ

チェックしてみて下さいね。



🔸金山幸代さん🔸


Blog: Heureux 染色ブログ

Instagram: http://instagram.com/heureuxtextile







花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html








月光荘ムーンライト展2017への

出展が昨日終了致しました。




期間中、大切な時間を使って

足をお運び下さったみなさま、

ありがとうございました。




たくさんの方々に

見ていただけて、



そして、

昨日は在廊時に

来て下さった方々と

直接お話することができ、

とても嬉しかったです。





もっとああすればよかった、

こうすればよかったと

感じる点もあり、



また、

じぶんの中の未完成な気持ちも

確認できたことは、

今回の貴重な経験でした。




次の制作、展示に

つなげてまいります。




これからも

どうぞよろしくお願いいたします。




今回のイベントの

主催の月光荘画材店さん。




画材を置いてある店舗も

すごくすてきで、



スタッフのみなさまも

ホスピタリティにあふれています。



いつ、どなたに、

なにを聞いても

(お電話でも)

本当に親身になって

答えてくださいます。







東京に住んでいたら

ちょくちょく伺いたい!



とお伝えしましたところ、



なんとなんと


8/17(木)から

大阪の

阪急うめだで開催予定の


『阪急文具の博覧会 2017秋~自分らしいノート作り~』

28(月)まで9階祝祭広場にて
(最終日は午後6時終了)


に出展されるんだそう!

やったー。

関西方面で
画材に興味のあるみなさま、
ぜひ、遊びに行かれてみてくださいね。




花のいろアーティスト 梨里








花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html




昨日は

神戸トアロード小径に佇む

すてきな♡すてきな

フラワー&ヴィンテージショップ

Alley さんにて開催の

カリグラフィーワークショップに

参加しました。





 




初めて持つ特殊なペン。




持つときの角度や

手の動かし方etc.

なかなかチャレンジングな 

経験でしたが



mojinokakeLabo 濱田先生

わかりやすく教えていただき

とても楽しく取り組めました。   




 


  まるで森の中にいるような店内



途中は

習字の練習をしているように

写経をしているように


集中


集中


集中。



雑念が入り込む余地が

全くなく

ある意味瞑想状態だったかも。




最後に

Alleyさんのお花を添えて完成♡







わたしのはこんな感じに↑







向かって左は

一緒に参加した香里さんの作品。


文字もとても美しい〜♡









へたっぴぃさは 

お花とお店のすてきな空気感で

ぼかす(笑)。 





今後のアート制作に向けて、

またディスプレイやインテリアの

よいヒントをいただきました。

 




たくさん練習して 

花のいろアート にも

添えられるようになりたいです。

  



Alleyさんは、

涼しい時期には

Eat Local Kobe ファーマーズマーケット

にも出店されていて、


センスあふれる

アレンジメントが

いつも大人気なんですよ〜。








Instagramで発信されているので、

ぜひチェックしてみてくださいね。


http://instagram.com/alley_kobe





花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

1/2

先日、映画「花戦さ」
観に行ってきました。


image



























京都・六角堂の花僧 池坊専好
茶人 千利休が
時の権力に屈することなく
それぞれの道をまっすぐに貫くあり方に
心をつかまれました。


どんな花にも

どんな色にも

それぞれの美しさがある


花には
人を、権力者をも
動かす力がある


人のことばが届かない時も
花のことばはすっと届く時もある


専好と利休との親交
専好のいのちをかけた
秀吉との対峙 etc.

歴史上知らなかったことを
知ることができたり


長谷川等伯の絵(←たぶん)も
出てきたりと


いろんな角度から楽しめる
よき映画でした。



池坊専好演じる野村萬斎さん
千利休演じる佐藤浩市さんも
すばらしい演技でしたよ。



わたしがお能に興味を持った
そもそものきっかけは
萬斎さん♡

image



























かつては
大ファンで(ファンクラブにも入ってました)
よーーーく能狂言を観に行っていたので
久しぶりに2時間かぶりつきで見られて
幸せでした(笑)。


花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html




 





インスタグラムで

不定期に投稿しております

梨里の週末寄り道アートより


http://instagram.com/risato.malrikart



↑こちらも宜しければ

遊びにいらしてください。

フォローも大歓迎です。



🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸


 




旧暦 皐月十六日

Beautiful moment of the day.

今日の美しい瞬間.

自然界の色合わせを見て 'それ まちがってるよ' なんて言う人はいない.  相手を変えようとは決してしない. じぶんを変容させるだけ.  わたしたち人間はどうだろう?  人間も自然の一部.  自然はいつも大切なメッセージをおくってくれる.  




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

↑このページのトップヘ