花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: わたしの「美しい」をつくる もと






久しぶりに
東京に行ってきました。



いろんな業界の
プロフェッショナルの
方々にお会いして、


あらためて
わたし自身の活動について
(特に 活動を知ってもらうことに
関して)
大きなヒントや学びを
得ることができました。



これについては、
別記事にしますね。



さて、

冒頭の画像は、

なが〜〜いながい
シナモン!


シナモンといえば
やっぱり セイロン


カシアは
リーズナブルですけれども…
まったく別物



青山ファーマーズマーケットに
出店されている
スパイス屋さんにて
購入しました。


一年ほど前に、


こちらの店主さんを通して
ブラッククミンや生こしょうに
出逢いました。



質のよさは、
バツグンでございます。



ふだんは業者さんに
卸しておられいて、
小売で買えるのは
ここだけ。


なので、
東京に行った時、


ファーマーズマーケットが
開催されているときにしか、
買えません。


スパイス好きの方、
機会があれば
ぜひ、行ってみてね♡


花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html










 



今日は、
春らしい陽気の一日でした!


明日は啓蟄。


春に向けて、
目に見えないところでも、
虫たちがむくむくと
動き出していると想像するだけで、


愛おしくなりますね。



さて、
2月4日の立春に仕込んだ
立春おみそ。











一ヶ月後の今日の状態は、
こんな感じ。








順調に発酵しているのか、

ちょっと難ありなのか、


よくわかりませんが(*´-`)



ゆっくり
見守ってゆきたいと思います。



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html








今朝の

松浦弥太郎 さんのインスタpost→



https://instagram.com/p/BQtiS8SgXBP/



を見た瞬間から、


わ!おいしそうと思い、

作ろうと決めていた

今夜の副菜。




弥太郎さんレシピを

参考に作ったら

おいしい おいしい!



なにげにアーユルヴェーダ的にも

甘塩酸辛苦渋の味のバランスとれてます




ワインビネガーのかわりに使った

kombuchaが

まろやかな酸味でいい感じ。





kombuchaの株のエサとなる

甘い紅茶の残り液が 

ワインビネガーやお酢がわりになります。





これ、


パクチーや菜の花を入れたり、

スパイスを替えたりすれば、



どこまでも

アレンジできそう。




白花豆は、

ひと粒が大きいので、



ちょっとでも

大きな満足感が得られる

一品です。




今週は、

カラダとココロ整え週間。




カラダに入れるもの、

ココロに入れるもの、



食べものや情報 etc.



デトックスしながら、



ご依頼の案件をすすめたいと

思います。







花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


好奇心から、
ミモザとお水を
おなべに入れて、

ぐつぐつと煎じて、

お茶を作ってみました…


ら…



ミモザと同じ
こんな美しい色に♪↓











なーんてね^_^





ターメリック(秋うこん)
ドライジンジャー
シナモン


で作った
ミモザいろの
スパイスティーでした!




スパイスに慣れている方は、
そのままでも。



ちょっと飲みにくいかも、
という方は、


少し冷ましてから、
非加熱ハチミツ(製造工程で熱処理していないもの、そして蜂に抗生物質を与えていないものであるものをぜひ)加えてみてね。


ぐんと
飲みやすくなりますよ。



ハチミツには、
ヨーガヴァーヒという


一緒に摂るものの成分を、
すばやく、カラダの深いところまで
届けてくれる


特殊なはたらきがあり、


ハチミツそのものには、
抗菌作用や
脂肪をけずり取るという作用
もあり(アーユルヴェーダでは
糖尿病の治療にも使われています)



こりゃ、
使いたくなりますね♡






さて、

春に近づくにつれて、
カラダの変化を感じはじめた
方も多いのではないでしょうか。


(カラダのラインの変化はさておき^_^)


目のかゆみ、
鼻水、ヒフのかゆみや湿疹、
花粉症、せき、風邪、
だるい、眠い、
うつうつとした感じがする…


などなど。




これは、
冬にたまった粘着質で重いエネルギー(カパ)が
あたたかい春の陽気で溶け出すことに
よるもので、


さまざまな症状として
あらわれます。




そういったものの
排出をうながしてくれる
効果の高い代表的なスパイスが、


ターメリック、ドライジンジャー、
シナモン♡








特に、

ターメリックは、


抗アレルギー解毒作用が高く、

また、
スキンケアとしても
スパイスの中では
ばつぐんのはたらきを
してくれると言われ、


わたし自身もそのことを
実感しているので、


いろんな風にアレンジして、
取り入れています。



たとえば、
こんな風にして。










でも、
一番お手軽なのは、
やっぱりお茶でしょうか。

 

まだまだ、
寒い日は続いていますが、


自然界はからは、
すでに春の便りも
届き始めています。













スパイスの力を借りて、
心地よい春を迎えられると
いいですね。



スパイスティーを
習慣化するコツは、



なんといっても


クオリティのよいスパイスを
選ぶこと(おいしいと続く)


そして、

すぐに取り出しやすい場所に
スパイスを置くこと(作業の動線が
スムーズだと続く)



ズボラなわたしが、
楽しみながら
続けられている理由です。



そして、それは、
まわりまわって、
きっと
仕事のパフォーマンスも
あげてくれている…はず♪






花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html




旧暦 睦月八日目  立春

東風解凍

はるかぜ こおりをとく(1)



立春おみそ♡
さきほど 仕込み終わりました〜。








今朝は、ムダに3時に
ぴかーんと目が覚め、
3時半には、作業スタート。




おぼえがき として、
今回の工程を書いてみます。





【使ったもの】

•大豆: 700g
•麦麹:1kg 
•塩: 300g(味噌作りのために購入した250gの天然海水塩とふだん使いのヒマラヤ岩塩50g)
•種水: 約600cc(大豆のゆで汁)


約20時間 浸水させておいた
大豆を煮る。(厚手の鍋で 約2時間半かかりました。圧力鍋だと15分だそう。







②大豆を冷ましている間に、
麦麹と塩を混ぜる。



天草の海塩とヒマラヤ岩塩のブレンド^ ^





麦麹。小麦ではなく大麦。





③大豆が冷めたら(ほんのり温かみを感じるくらい)、大豆をつぶす。



今回大豆をつぶすときに
大活躍してくれたのは、



ワインの空きビンと↓…












足っ〜


あ、見せんで ええか(๑˃̵ᴗ˂̵) 



大豆を小分けにした
ビニール袋(二重にして)を
輪ゴムで留め、

足で重みをかけてつぶすのですが、


力も入らないし、
ムラなくつぶせて
これは、よかった!



おまけに気持ちいいし、
なかなか 楽しいので、


小さいお子さんがいらっしゃる
ご家庭だと、


お子さんに手伝ってもらいながら
楽しくできるかも♪と
思いました。




次に、
麹と、
潰した大豆を混ぜていきます。






これが一番の力仕事でしたが、


香ばしい麹の香りと
やさしい大豆の香りで
癒されながらの作業だからかな、


終わってみれば、
あっという間。




麦麹は米麹に比べて
水をよく吸うので、
途中で種水も足しながら。






みそ壺に、
ハンバーグの種のように丸めた
麹と大豆の玉を入れていきます。




壺の底に、打ちつけるよう入れて、
手で押しながら空気を抜きます。







これを繰り返して、

すべて入れ終わったら、
表面に塩を振って、


ラップ→重石→フタをして、


完成です。






仕込みには
トータルで4時間半。


大豆を煮るのに
半分以上の時間がかかってますが、


煮るのは鍋がやってくれるし、

その間に、
毎朝やることを済ませられたし、

それほど
長いとは感じませんでした。




作る楽しみが終わり、


しばらくこれからは、
出来るのを待つ楽しみに♡




長い年月眠っていた
みそ壺も、ようやく日の目を
見ることができた(笑) 



おみそを作ろうという気に
させてくれたのは、


なんといっても



のおかげです!



ありがとうございます。



よい立春の日のスタートと
なりそうです。



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html







↑このページのトップヘ