花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: わたしの「美しい」をつくる もと




今日は、
小豆とバナナを使った
美味し〜い
スムージーのご紹介です。





使うものは


豆乳(成分無調整)
バナナ(輪切りに。少し凍らせても美味しい)
ゆで小豆(凍らせておいたもの)
すりごま
ハチミツ(お好みで)


ゆで小豆さえ出来ていれば
作り方は
とってもかんたん。



ブレンダーに
上記の材料を適当に入れて
ガーッとするだけです。



これがねー、
めっちゃ美味しいのです。



豆乳の独特の
豆くささがちょっとという人にも、
気にならならなくて
いいんじゃないかなー。



小豆は

砂糖を入れずに

茹でるのがミソ。


カロリーや糖質も
気になりません。



凍らせておいても
豆同士が
がっちり固まらないので、


タッパーで保存しておいて、







スプーンで
使いたい分だけ
すくえばいいから


何かと使いやすいですよー。



小豆には、

腸内環境を整え、
美肌にもよい成分が
たっぷり。


むくみが気になる人にも
おすすめです。




バナナとすりごまで、
甘さは十分かもしれませんが、


足りないなーという方は、
ハチミツをお好みで。



ハチミツには、
一緒に摂るものの成分を
すばやくカラダの奥深くまで
運んでくれるという
特殊作用(アーユルヴェーダではヨーガヴァーヒという)があることを
お伝えしておきますね。



すりごまのかわりに
きな粉でも
美味しいよ、きっと。



この夏、


朝のいっぱいとしても、
小腹がすいたなーというときも、
食欲がわかないというとき
などにも、


ぜひ、
お試し下さい♡







花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html





昨日の記事、
たくさんの方に
お読みいただいたようで、


アクセス数が
多くてびっくり。


みなさん、
関心の高い分野なのですね。


ありがとうございます。




さて、
今日は、
奈良県橿原市にある
藤原宮跡に蓮を見に行ってきたときの
画像をシェアします。


蓮の花は、
いろんなところで見てきてますが、

今までで最もよかったかも!



蓮との距離がとても近く、
よく見えて、
蓮とお話もよく出来る。


毎年訪れたいです。

























美しいものを見ていると
わたしも
美しいエネルギーを纏えそう♡

























なんて不思議な光景!


葉を突き破って
咲いたのか、

穴が空いていたところを
くぐり抜けて咲いたのか?


聞いてみたい(笑)











百人一首に出てくる
天香久山も眺められます。




今どこにいるのか、
いつの時代にいるのか、
ふと、分からなくなる。




最後に
わたしの大好きな
ティク・ナット・ハンの詩を。
 

 蓮と言えば

この詩のことが思い浮かびます。



「かつてベトナムでは、人々はよく蓮池に小舟を出して、開いている蓮の花の中に少量のお茶の葉を入れたものです。



夜になって蓮の花が閉じたあとは、お茶の香りが一晩中漂いました。



翌日の早朝、まだ露が葉に残っているような時間に、友人と連れ立ってお茶の葉をとりに行きます。



船には必要なものがすべてそろっています。新鮮な水、水を沸かすコンロ、茶碗、急須。



それから朝の美しい光の中で、お茶を淹れます。蓮池の上でお茶を飲みながら、午前中をまるまる楽しむのです。


ティク・ナット・ハン 「禅的生活のすすめ」より



自然からたくさん

美しいエネルギーを

おすそ分けしてもらったので、


作品を通して

循環させてこ!




花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html






ロンドン・コヴェントガーデンの

NEAL'S YARD REMEDIES







*画像はお借りしました




わたしにとって

とーーぉっても特別な想いの

ある場所です。





コヴェントガーデンと聞くと、


初めてこのお店の扉を開けたときの

幸福な記憶が

瞬時に蘇ってきます。





香りと


光と


青いボトルと








扉の

ギィーッという音や 



床の軋む音まで。





真の自然の豊かさ

幸せのエッセンスが

小さい店内いっぱいにあふれてて 


プリザーブドフラワーや

今流行りのハーバリウムには

惹かれない



帰りたくなくって 

何時間もうろうろして。




懐のさびしかったビンボー留学生が 

なけなしのお金で買ったのは

カレンデュラの石けん一つでした。









 


ロンドンから

大学のあるレディングに戻る

帰りの電車では、



包みを開けて

石けんのにおいをかいだり

頬ずりしたり。



まるで拾ってきたひなどりを

愛でるみたいに だいじに だいじに。




おしいものが一つあるだけで

閑散とした寮の部屋も

すてきに変わる。




すべては発するエネルギー




そんなことにも

気づいた日でもありました。









日本にまだ

アロマセラピーが普及していなかった

約30年前のある日の思い出。





*****






帰国して数年後、

アロマセラピーも少しずつ

普及してきて


アロマラピーではなく

アロマラピーという呼び方が

主流だった頃




ニールズヤードも

日本に進出してきて




恵比寿に出来たときは

よく遊びに行っていました。




ちょうど勤めていた会社の

放課後(?)英語のクラスで

プレゼンテーションをすることになり、



テーマに選んだのが

アロマセラピーということもあって

恵比寿に通っては

(裏)話もお聴きしたりして。




そのうち

立ち上げのスタッフさんとも

仲良くなって





 



↑この本を

制作(翻訳)されようと

していることを知りました。




発売された時は

自分が出したみたいに

嬉しかったなぁ(1997年7月10日)。




表紙は色あせているけど

記憶は色あせることはない




わたしの大切な宝物です。




わたしのアートも

だれかの記憶に残る

ものとなるといいなぁ。







 

花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

1/2



旧暦 皐月廿十七日 
夏至 

乃東枯 (なつかれくさかるる)






梅雨に入ってから
わたしの記憶では 
初めての雨。


早朝から激しく 激しく
降っている。


まるで、
禊で心身を潔められてる
かのよう。



今日は陽極まる日、夏至


アーユルヴェーダでは、
カラダの外側の
火のエネルギーピッタの強さで、
消化力、体力が最も弱まる時期



これからは
陰=月のエネルギーが
どんどん強くなってゆきます。




もう
日が短くなっていくなんてね。



けど

旧暦(太陰太陽暦)だと

今の4〜6月が夏。



なるほどなぁって思う。









季節の伝統行事や

自然のめぐり、

からだのリズム。



旧暦の視点で眺めてみると、

おどろくほど

理にかなっていると

感じることが多い。


七草がゆ、桃の節句、七夕 などなど




からだを 整える


こころを 整える 


暮らしを 整える



ヒントもたくさん。






猫ちゃんからも

ヒントたくさんもらってますが♡



今日も佳き日に。



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html




 



もう何度もこのブログで
ご紹介している
南青山の美容室Kamidoko
森田要さんのワークショップに、
先日、参加してきました。








数えたら
今回で21回目デシタ 



友人とも話していたのですが、
森田さんのお話は
何度聴いてもおもしろいし、


その都度、
大切なことを
再確認できたり
新たな気づきをもらえたり…


飽きることがありません。



そして、

改めて


森田さんに出逢っていなかったら、

わたしの髪は

今ごろどうなってただろうと

想像すると、ぞっとします。




と同時に、



そもそものきっかけをくれた

アーユルヴェーダ友の

ヨリちゃんには感謝だなーと

いつも思うのです♡










いろんな考え方があり 、

取捨選択は自由であるということを

大前提で書きますが、




わたし自身は 、

化学染料、化学物質が使われ

環境ホルモンの影響が大きい

カラーリングやパーマ、


シャンプー、リンスを

などの美容商材には、



もう 戻れない、戻りたくないと

思っています。





もしも

再度使うようなことがあったとしても

おそらくカラダが反応し、

教えてくれるんじゃないかと思う。





自己矛盾というストレスから

解放されたこと


美しくなるためには少々のガマン(パーマ液やカラー液の不快なニオイや頭皮への刺激etc.)はやむを得ないというワケのワカラナイ自分への言い聞かせとか



コンプレックスいっぱいだった髪が

美しく再生し、

肌ツヤもよくなったこと




「真の美しさ」とはなにか?

それはすべて

自然が教えてくれるという

シンプルな だけど深い真理





情報の取捨選択の仕方



森田さんは直感/観を大事にしたいから

情報を入れない(テレビなし 新聞読まない)ようにしているそう。でも、ちゃんと必要な情報は入ってくるし、じぶんの頭で考えることができているとのこと



そして 、


神さまへつながる

通路=アンテナである頭髪を

昔の人たちは大切にしてきたこと、

それを、わたしも大事にしたいと

思えたこと




などなど、

たくさんのことを

森田さんから

教えていただきました。




やっぱり

ベースにあるのは


自然は美しい



ということ。








花のいろアートでも

できるだけ

自然の中にある色合わせで

描いており、



一輪の花の中にある色彩を

参考にすることもあるのですが

(一輪の中に40〜50種類も

色があると言われています)



その色合わせは

まちがいなく美しいと感じます。

(絵の好みは別として




今回のWSでも

大切な人に森田さんを

紹介することができてよかったー。




森田さんは

月曜〜水曜、全国を飛びまわって

講演活動をされています。

ご興味のある方は、

こちらから検索してみてくださいね→


http://kamidoko-jp.com/ワークショップ/



そして、

審美眼を持たれている

森田さんの最新刊。




美しい本、美しい内容。



森田さんの誠実で真摯なお人柄と

長年続けてこられた研究と実践の

軌跡が、とてもよくわかる一冊です。



本の中には、

助産師さんからの報告もあり、

ママさん、未来のママさんにも

伝わったらよいなーと思っています♡




⭐︎美容室アンシャンテさん


 http://enchantehair.web.fc2.com


森田さんとの出会いにより

カットとヘナのみの施術に

切り替えられた

京都、西本願寺近くの

ステキなご夫婦です♡


いろんな髪のお悩みやお手入れ法、

ヘナについてetc.

相談にのってくださいます。





花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html




↑このページのトップヘ