花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: わたしのメモ


じぶんの

'好き' (嫌い)

には 、

いつも敏感でいたい、
妥協したくはないと思う。







と同時に、


どんなことの中にも
喜びを見つけられる
やわらかさは 持っていたい。






それは、きっと、

想像の泉を、
創造の泉を、


より 深く 広く 
美しくして くれる。






花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる」
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせ☆☆☆


🔸プロフィール、自己紹介★★★

   



毎日、

そして、

一日になんども開く、
ダイアリーの最初のページには、


心にとめておきたいことば


を毎年書いています。






2016年は、
村上春樹さんのことば


'腹が立ったら自分にあたれ。
悔しかったら自分を磨け'


もう一つは、


'じぶんの機嫌はじぶんでとる。
誰もわたしを不機嫌にできない'


でした。



まわりに、
じぶんの感情を揺さぶられるのは、
(ネガティブなほうにね)


もったいないなーって思うことが多かったんだなあ、きっと。




感情そのものには、
いいも悪いもない。




感情を押し殺して、
頭だけで解釈をこねくりまわして、


無理くりポジティブにする
必要なんてまったくない。




そのとき起こった感情は、
しっかりと味わうこと。


けど、

それを長いこと、
ずるずると引きずる
(=過去への執着)
必要もまったくなくて。




このことばを
意識するようになってから、


感情を味わったあとの切り替えが、
早くできるようになって、


ずいぶんと、
楽になったと思います。




これができるようになると、
集中力もぐんと増すんだなあ、


って、
実感として分かりました。
 








さて、
今年の2017年は、


ミナペルホネンの皆川明さんの
ことばを拝借して、


書きとめました。




一つ目は、


🔹じぶんの喜びに従うこと



 

じぶんが喜んで描くものは、
人も喜んでくれると信じて、

精いっぱいやるだけ。


周りを喜ばせたいと思いすぎると
作為が勝ちすぎる。



二つ目は、


🔹はなうたを 歌いながら疾走する





もともとの皆川さんのことばは、


'口笛を吹きながら疾走する'



ゆるり感と、
前のめり感が同居している
このことば、


いいなあ♡
わたしもそうありたい!
と思ったけど、



わたしは口笛が吹けないじゃん!
でも 鼻歌はよく歌う!


ってことで、
はなうた に替えて
書いてみました。笑




最後に、ちょっと長いけど
こちらも。



できるかどうか
分からないくらいのことを
やるべきだ。

思いついたひらめきや、
経験がない行為について、
できるかどうか
考えることは当然だけど、 

できるかどうかなんて
思う必要もない。

思いついたことが大事。
そこからスタートすればいい。
そこにはまだ可能性しか
ないわけだから。




じぶんを信じること

が、
わたしのキーワードのようだと
書いた冬至の日。


それを象徴するような
ことばたち。



さて、
来年の今頃は、

どんな風に
振り返っているのでしょうか。



今から楽しみです。






花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


ゆりの香りがリビングに広がる朝♡




Happyさんの7月に投稿された記事→




全文をノートに写し書きして、
いつでも見返せるようにしています。


ぜひ 読んでみて!


わたしを生きる純度、
わたしの好きの純度は?

・・・・・

まだまだだなあ、と思う。
打算的なところもたくさんで。


まだまだだなあ、とは思うけど、


無理、とか、出来ない、とかいう気は
全然してなくて、少しずつ、純度は高まってきてる感はアリ!それで今は OK。


でも、もっと高めたい〜。






日々の生活のなかで、ことあるごとに、


「ほんとは、(わたしは)どう思ってる?」

と、問いかけると決めてからは、


生きること イコール 選択すること
なんじゃないかというくらい、


今日は何を着るか?
朝、何を食べるか?
電車はどこから乗るか?


のレベルのことも含めると、

毎瞬、毎瞬、が選択の連続

だなあと感じます。







いかに、無意識に、なんとなく、
惰性で決めてたことが多かったか!
も、浮き彫りになってきました。



お店で何かを買うときには、

「ほんとに、それ好き?って思ってる?」

「ステキだと周りから言われるから、
自分の好きなことにしてない?」

と問いかけ、


人の意見を聞いたり
何かの情報を得たりした時には、

「その人はそう思ってるんだ。」

「この新聞では、こういう情報を流してるんだ。」

と受け止めた後、


「じゃあ、わたしは どう 思う?
どう感じてる?」 

と聞く。






これを繰り返していると、

Happyさんのいうように、


自分の好き本当に望んでること
が だんだんクリアになってきて、


人がじぶんのことをどう思うか、は
随分と気にならなくなってきました。

 

それは、
人のことはどーでもいいとか、

頑なに
他の人の意見に耳を貸さない、とか
無視するってことではなくて


(むしろ相手のことを尊重できるように思う)


わたしがどう感じるか


ということに、
的を絞るということ。



エネルギーは、
まずは、じぶんの本当に好きなこと、
やりたいこと、成し遂げたいこと、
愛する人やものに注ぎたいと思う。







今のわたしが、やりたいと思って
セルフトークしていることは、


花のいろアート(仕事)を通じて
表現したいこと、
成し遂げたいことはなに?


を、クリアにすること。



SNSの発信についても同じで。


いろんな考え方はあると思うけど、


一日に何度も投稿するよりも、

何日に一度かでも、
ていねいに発信したいという
思いでいます。



 


最後に
どーでもいい話を。


じぶん自身と対話する時、
わたしは、その対話する相手に
名前をつけておりまして。


小里香(コリカ)といいます╰(*´︶`*)╯♡


これ、
いつの頃からだろー。



幼いころは、

ぬいぐるみによく話かけていて、
声を替えてぬいぐるみに答えさせる、
なんて、

一人ままごとみたいなことを
やってたけど(やってませんでした?)、


ぬいぐるみを持たなくなってからは
心の中にコリカちゃんが登場 笑。



具体的に名前をつけたのは、

カウンセリングを学んでいた先生から、
外在化について教えてもらった

(アトピーの子が、痒くて辛い思いを、アトピーの虫?だったかな、名前をつけてぶちまけたら、楽になって痒みがおさまったというお話を例に)

ことが、きっかけだったと思う。



コリカは、
わたしの本音のような存在で、
いつも一緒にいて。


コリカのごきげん:喜んでるかどうか、は、わりと大事にしています。


わたしは嘘をつくけど、
彼女は嘘つかないから。







最近、セッションを始められた
友人の玲子さんインナーチャイルドのような存在に近いかも、
なんて勝手に思っています。 



玲子さんにはコリカ紹介済み٩( ᐛ )و
あは!




花のいろアーティスト♡梨里(Risato) 


「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡
                  


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、ご相談はこちらから→


🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

🔸お問い合わせは こちらから

PC・スマホ共用 : 












9月8日、白露。


今朝は、
早朝から大雨。


ランシューをビーサンに変えて、
朝んぽ。   









雨の日は、


いつもより
自然との距離が
ぐっと近くなる感じがする。









さて、

朝んぽから帰ってきて、


好きなフレーズ、
胸にひびいたことばに


出逢ったときに
書き留めておくノートを
見返していたら、


おお、これこそ、
わたしが思ってることだー


と、
代弁してくれてるような
文章を改めて発見。
(なにを今さら、。あんたがそう思ったから
書いたんやろー、笑)



自分らしさとは。


自分はある意味「管」。
天からふりそそぐ
さまざまな アイデアをひろうだけ。


すぐれたもの、本物をつくろうと
思えば思うほど、
「管」としての自分を磨くしかない。



過去記事→



でも
同じようなことを
書いていた。



自分に足りないものがある、
という前提でなく、


すでに じぶんの中に ぜんぶあって、
豊か という前提。


この記事にも書いてた→




自分という管を磨き、
整えておけば
おのずとあふれてくるもの。



しかし、しかし、しかし、
残念なことに…


この、
ノートに書いてた文章、


どなたの、
本なのか
ネット上の発信なのかを
書き留めてなかったぁぁぁ(; ̄ェ ̄)



ご存知の方いませんか?(笑)


なんてね。



今日からは、
ちゃんとそこまで
メモするようにします。





書き留め用にいつも使っているノートは、
ZEQENZ(ジークエンス360)Mサイズ
の方眼♡三代目。





こんなポケットサイズもあります。


紙質が最高で、インクペンのすべりがよく
360度に広がり、書きやすい。

書きやすいから、
つい書き留めたくなる。

手ざわりいいから、
つい手に取りたくなる、
開きたくなるって、

なんてステキなノートなんでしょ。


表紙の色は赤の他に黒と白。
伊東屋さんで購入できますよ。




♡今日の小確幸(2016.9.7)♡

♡大学の先輩が総合プロデュサーをつとめる映画「家族の日」、観に行けた!活躍がとてもうれしい

♡水差ししてたヴァナトゥルシーとホウラパーから根っこが生えてきて、植え替えたらぐんぐん成長。生命力に感動。

♡絵を描いているときにすっとことばが降りてきてから、スラスラと筆が進む。




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)   

花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 





今朝の朝ラン、信号待ちにて撮った一枚。



わたしのメモ、より。


○○○

シスター渡辺の著書より(タイトル、失念)



この世の中には、
お金で買えないものがあり、


その一つが
心の美しさ



「きれい」は、
お金を必要とする。



美しくなるためには、
お金は不要。



「美しさ」に必要なのは、
心の輝き。


痛みを伴う自己管理、
自己抑制が必要。



きれいになるのも結構。


きれいになるためには、
化粧品にしても
エステに通うにしても
お金が必要。


きれいさとともに、

美しさを育ててゆく人で
あってほしい。




○○○



わたしも 
心がける、めざすのは、

キレイ ではなく

美しい のほうだなー、
いろんな面において。


花のいろアートで

表現したいもの、
届けたいものも、


キレイよりも 美しい





たくさんの方にお読みいただいて
いるようです。


ありがとうございます。



花のいろアーティスト♡Rika

花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika






↑このページのトップヘ