花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: ひとりごち


3月に入りましたね。



あちこちで、
春の使者の足音が聞こえてきます。








 















ここのところ、
ありえないようなミラクルごとすが 
立て続けに起こって、

ドタバタしておりました。
(いい意味で)



最初はちょっととまどいつつも、

あまりにそれが
ひんぱんに起こるものだから、


だんだん、


次はなにが来る?


と、ごくふつうの感覚に
なってきました。



なにが起こったかというと、


たとえば、
とある週末は、


寒いなかを歩き過ぎて 

足先が冷たくなって 痛い!


次の予定までまだ時間があるなあ、

ここに足湯なんてあったらいいなぁと

思ってたら、






目の前に足湯が現れた!

(大阪の土地勘ないところで)



とか、



この美術展行きたい 

と投稿でつぶやいたら、

チケットをいただけることになった、



というようなレベルから、



冬至の会で、

参加者のみんなに語っていた妄想

(本当に夢物語のようなこと)が

現実化しそうだ

(これは、びっくりを通りこして

うそでしょ、と声をあげそうになった)


というようなレベルまで。


(まだまだあります)



なぜ、こんなにも

ふと思ったこと、望んだことが

ぼこぼこと現実化しているのか?



なのですが、




偶然に起きたことだとは

実は、ぜんぜん思ってなくて

(でも100%信じてたわけでもない)、



たんに、

続けてきたトレーニングの効果が

出てき始めたのかなと

 


と思っております^_^








それについて、

ちょっと書きますね。




昨年末から今年のはじめにかけて、facebookを一週間お休みしたこと

がありました。




facebookを見なくなったぶん

朝晩の瞑想時間を増やしまして、



それをきっかけに、

繰り返し繰り返し、



じぶんの'感じ方' のクセを

変えるトレーニング



をしてきました。




これは、

また別記事にしようと思いますが、



このトレーニングで

実感したのは、



じぶんの心の状態が

そのまま現実の経験として現れる



じぶんが 'いい気分でいる'こと以上に

大切なことはない



ということ。




よく啓発本や

スピ系の本などでも

言われていることですけれども、



ほんとに、そうだなと。




今、いい気分から離れてるな、

と感じたら、戻る。



問題(のように思えること)が

起こったら、

怒りがわいたら、



そこでわきおこる感情を

たっぷり味わって



その上で、


その問題は いったん わきにおいて



いい気分に 戻る。



(ネガティブな感情に飲み込まれているときには

問題解決しようと思っても

うまくいかないのです、これが)






では、どうやって 

いい気分に戻るの?



ってことなんですが、



それは、

そのとき、その場で できる 



'じぶんがいい気分になれる

ことを探して それをやってみる'



(想像する、でもOK)

という、かんたんなことなんです。




わたしの場合は、



*ねこの動画を見る

*好きなハーブの香りをかぐ

*大好きな人の本を読む

*本屋さんをぷらぷらする

*散歩する

etc.



だったりしますが、

みなさんはいかがでしょうか。




今までのわたしは、



なにか問題が起こる→


いやな気持ちになる→


またこんなことが起こった、 

こんな気持ちになったという罪悪感→



その気持ちのまま、

問題の解決法を考えてみたり、

また いやな気持ちになり

ぐるぐると迷走



問題は解決されず、

なんなら

また別の問題が浮上する、



ということが、多かった。




今は、


なにか問題が起こる→


いやな気持ちが起こる→



いやな気持ちを感じきる

(罪悪感は感じずに)→



さあ、今、いい気分になれることは

なに?とじぶんに問いかける



それを実行→


ねこ動画を見て あーかわいいなあ、

と、きゅんとする  とか



村上春樹さんの本読んだり、

樂さんのことばや作品に

ふれるとか →






これを、一日のうち、

なんどもなんども

繰り返しています。




こうしていると現実が

少しずつ動きます、

ほんとに(時間差はありますが)







でも、

そんな都合のいいことって

あるのかな?




あると思えば、

きっとそうなるし、



ないと思えば、

それも きっとそうなる



どちらでもOKで、

どちらを選ぶのも自由。




じぶんが どちらを選ぶかって

だけの話なんですよね。



「なかなかそうはそう思えない」



ということだって、


そう感じている、そのまんまのことが

現実化している…ってこと^_^






そんなこともあって、


わたしが絵を描くときは、


必ず いい気分のとき だけ

 


と決めてます。



そうでないときは、

ぜったいに描かない。



エネルギーは 伝わるから。



なので、いい気分でいること、

はずれたら戻ること、

その戻り方の引き出しを

たくさん持っていること、



は、わたしにとって

とても大切なことなのです。




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html






わたしは、

一人でいることを
こよなく好む。


つるむことも、嫌いで。


仲間がほしい、と
思ったこともない。


友だち多いね、と言われることがあるけど、
じぶん自身では、よく分からない。
(だって、どうやって比べるの?)

友だちが多いのが、いいことだとも思わない。
心をゆるせる友だちって、一握りで、いや、
一人だって(←じぶん自身)いのだ。


けど、


何かをしたときも、

何かをしなかったときも、


なんの説明をしなくても、


そこには、
わたしなりの理由が
あるんだろうから、と


ただ ただ、
まるごと、
信じてくれている人がいる。



うまくいっている時も、

いっていない時も、


「ごはん行こう」
って言って、


「美味しいね〜」
って言って、


たわいもない話をしながら、


一緒に、ごはんを
食べられる人がいる。



趣味が合う、とか、
性格が似てる、とか、
長年知っている、とか、

そんな理由じゃなくて。



ことばや、
目に見えるものを超えた
深いところで、

通じ合える人。



そんな人が
いてくれること。


何ものにも変えがたい
 

大切な 大切な、
神様からのギフト。



ありがとう!


Rika





無理をしなくても


会いたい人には、ちゃんと会えるし


出会うべく人には、ちゃんと出会う


起こること、時、人、場所

は、いつだって完璧。







そう思わざるを得ないことが
ぎゅーっと立て続けに起こった
新月の今日。




その上、
ずーっと延び延びになっていた
mendikaさんからの
アルガンオイルも届き








こんなうれしいニュースも。。。


「神様のなさることは、時にかなって美しい」


聖書の中の大好きな言葉より










昨日の朝、
起きがけに ふと降りてきたことば。



そのままで、いい。
何者にもなろうとするな。




絵の構図や色合わせ、
未来の行動へのヒント、


など、


ヴィジュアルとか、文字で
インスピレーションをもらうことは
よくあるのだけど、


このタイプ(音声)で
降りてきたのは久しぶりでした。



聞こえてきた声が、
ちょっと大きかったので、
思わず振り返りそうになったけど。
(まさか隣の人の声じゃないよね(*゚∀゚*))



そのままで、いい。
何者にもなろうとするな。



答えを外に求めなくても、


じぶんの中に
すべては あるってこと、
すでに ある ってこと、


を信じるということ。





他の人から 'ステキ'と言われる ために
じぶんの本当の気持ちを無視して
ステキな人 を演じるのではなく

だれから何を言われても、
わたし自身が 心から 好き!
と感じられること、
ワクワクすること だけをやる。



○○○





何者にもなろうとするな


のメッセージの後で 
なんですが、


先日、
舞台で輝いている宝塚の役者さんたち、
特にトップスターを
間近に見る機会がありまして、



うわあ!


あんな風になりたい


と思いました(笑)

 

ほんとに 舞台が好きで好きで、
楽しくてしょうがないと
いうことが、
ビシビシ伝わってきた。


(努力をされてることは、
折り込み済みです)



じぶんの 純粋な 
好き、楽しいワクワク


周りの人に伝染し、
周りの人を巻き込み、


応援したい、という気持ちに
させてくれる し、


あ、わたしも
好き、楽しい、ワクワク
を 追求していこう、いいんだ、と
思わせてくれる。


*この方々からも教えてもらってます




たまたま、
別の用事で宝塚に行き、




 お目当てのカフェ



たまたま、
宝塚大劇場前を
通りがかり、






たまたま、
舞台前の入り待ちファンや
役者さんたちの様子が
見られる位置に すっぽりはまり、
しばし鑑賞(宝塚ファンの
みなさんのマナーのよさにびっくり)


また、歩き始めたら、


たまたま、
当日券販売を 待っていた
人たちの長蛇の列が動き出し、


これは、
並ぶしかない流れだよね
という話になり、 


列に加わったら、
サクッと
チケットが買えてしまい、


気がつけば
宝塚デビューしてた、という 笑






宝塚に何組があって、
トップスターが誰なのか、
役者さんの名前も
一人として知らなかったけど、


ほんと、
素晴らしい舞台で、初めてでも
すごーく 楽しめました!



好き、楽しそう、ワクワク
持つエネルギーを、
強烈に体感した できごとでした。



じぶん自身の感覚、
もっともっと 信じよう、
ね、わたし。
 

  猫に なりたい(笑)      といつも思う



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)                             

🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼は、こちらから→


🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


🔸お問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 











おとといの投稿

【赤阪友昭 写真展 Passage to Haida Gwaii 】
「ふと」とか「なんとなく」の感覚を大切にしてみると…


の続きです。


前回は、

ふと、頭に浮かんだこと
なんか 気になるな〜ということ
があったとき、


それは、決して
気のせいではなくて
すべてなにかのメッセージ
 

なぜ、そのことばが出てくるのか?
とか、なぜ、その映像が見えるの?
とか、

意味は、そのとき 分からなくても。


わりとすぐに、なるほどそうか、
とわかることもあれば、
何年もあとになってわかることもある、


ということを書きました。


IMG_3319












おととい、
こんなことがありました。



朝、目が覚めて、
寝床でふと浮かんできた映像は、

「大きな家の白い柵、その向こうに広がる芝生」


すぐに、
あ、あそこのことだ!ということがわかったので、
さっそくその日の朝ランで、
行ってみました。



着いた途端、
ものすごーーーーい
強い光、美しい採光の
日の出が昇ってきた。



たぶんあの時、あのあたりでは、
一番美しく見られた場所。


そのとき、
わたしには 自分自身に
問いかけていたことがあったので、
その答え、もらいました!という感じでした。



これなんかは、前者。
わりとすぐにわかる感覚。



瀬織津姫のことは、
完全に後者。


幼い頃、ずっとずっと前の
原初の感覚にまで通じていると思う、
なんとなく。


これからのことは、まだわかりません。



でも、確実に、
わたしに必要な人と出逢うし、
わたしに必要な情報は入るし、
必要なことが起きている。


と感じてはいるから、
今回のことも
ワクワクしながら、
委ねちゃおうと思いました。



IMG_3901













こういうことをキャッチする感覚は
ぜーんぜん特別なものでなくって、
誰もが持っているもの。



環境や生活スタイルの変化などの影響で
少し感じづらくなっているだけで、
意識し、トレーニングすれば
思い出してくる感覚だと思っています。



わたし自身は、
自然界からのメッセージを
よりダイレクトに感じたい、
コミュニケーションしたい、


それを
花のいろアートを通して伝えたいという
気持ちが大きいので、


そのための訓練を日々している
感じですが、


そのアプローチの一つとして、
五感+αの感覚を研ぎ澄ませ、養う
アーユルヴェーダの生活法は
とても有効だと絶賛実感中です。


実感覚として。



IMG_4990












それと、
もう一つやっていること。



わたしの場合は、
思考グセの修正です。



人間の脳の働きは、
とても優れているとは思うけれど、


思考を挟まないほうがよい場合もある。
思考の多動になってしまわないように
これも、訓練しています。



ともすると、


ふと、頭に浮かんだこと
なんか 気になるな〜
の中にあるメッセージ
深読みしたり、


ほじくり返して
無理に解釈しようとしたり・・・


思考グセがムクムクと
わいてくることがある。



そうすると、
じぶんが本当に何を感じているかという
感覚は鈍くなるし、
的確なメッセージも受け取れなくなる。



なので、

なんとなく気になる、
ふと頭に浮かぶ、

ことがあった場合、


深読みせず

「はいはい、ありがとうございます。」

「お、きましたね、今度はなんでしょう。」


と軽く受けとめて、


とにかくそのことをメモ
(執着しすぎてしまう場合は、いったん忘れるくらいで)


で、
誰かに伝えたいと思えば、
伝えてみたり、
その場所に行ってみたり、
じぶんなりのやり方で行動してみる。


で!

で!

目の前のことを

感じる
こと



頭の中で
こねくりまわさない。



これを続けていると、


ふとしたこと、に限らず、
身の回りで起こる現実は
メッセージにあふれている
ことが感じられ、

また、それらを
意識してすごしてなかったなぁと
思うようになってきました。



そして、同時に、
じぶんが感じていること、
思うこと(感情・思考)が、
そのまま現実を創り出してるのだ、とも。



導かれるもの(おのずから
じぶんが創り出していくもの(みずから


「おのずから」も「みずから」も「自ら」と書く
二つの意味を持つことを教えていただきました。



その両者、両輪で、
きっと
人生は創られ、創っていくもの。



そう思ったら
なんだか
ワクワクしてきませんか?



人生、なかなか深い。
そして、浅い。



複雑のようで、シンプル。


楽しもう、と思います。
ご一緒に〜


IMG_9638













花のいろアーティスト♡梨里
(Risato)                             

🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼は、こちらから→


🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


🔸お問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 


↑このページのトップヘ