花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: コトバのチカラ




先日のこちらの記事↓




でご紹介した
森井啓二先生のご著書。


年末年始に、

読み返して、
読み返して、

ただいま 4 読目(*゚▽゚*)


本の良さが
言葉にならない…



のですが、

ほんとにすばらしくて、

これまで読んだ本の中での
マイベストかもしれません。

(春樹さんは別 笑)


しっかりと、

じぶんの中に、
暮らしの中に、

落とし込んでゆきたいです。


初めて読んだときは、

直感的に
両親にこの本を読んでほしいと
思ったものの、


本との出逢いって、
タイミングもあるし、
相性もあるからなーと、

帰省していたときにも
特にすすめることもせずに
いました。


なのですが!


ふしぎなことに、

父が話してくれたエピソードから
自然にこの本を紹介する流れとなって。


そのとき わたしは、
下巻しか持ってなかったにもかかわらず、

父は、
本を手に取り、
パラパラとめくりながら

なんと、

「最初から読んでみたいのぉ〜」

と!

そして、
脇で聞いていた母も、


まさかの!


「この字の大きさと行間なら
わたしも読めそう。」(←かーさん、そこですか)


意図せず、
あまりに自然な流れで
驚きましたが、


それだけに
より嬉しかったです。


まさに

聖書の

「神様のなさることは、
すべて時にかなって美しい」

を感じたひとときでした♡


きっと
森井先生の
純粋で美しいエネルギーが
まっすぐに通じたのでしょうね。


***


ここ数年、

心に強く響く本に出逢うと、

ほどなくして、
近隣で
その著者の関連イベントが開催され、
著者と出逢う

という 不思議うれしい経験を
繰り返しています。


今回もそう。


帰省から戻ると、

ある京都でのイベントのチラシが
送られてきていて

登壇者に森井先生のお名前が!


3月にお目にかかることが
できそうです。


そのチラシには、

お世話になっている
鍼灸師の先生のお名前もあって
二度びっくり。


ますます、楽しみになりました。


イベント情報→

きれい・ねっと感謝祭2018~響きあういのち~

花のいろアーティスト 梨里




今年もたくさん
ステキな本との出逢いに
恵まれました。



ご紹介できたらと思うものが
あれこれとあるのですが、

今日は、
そんななかでも

わたしにとって心の宝物のような、
ずっとだいじにしたいと感じている
本を紹介します。



森井啓二著
『君が代から神が代へ』






滝沢泰平さんの12月6日付の
ブログ記事で紹介されていた


を読んで、

これはぜひとも読みたいと思って、

出版元のきれいねっとさんで
お取り寄せ。
(Amazonさんや本屋さんなどではまだ未発売)


まだ手にしてから20日あまりですが、
今、3回目を読んでいます。


君が代に秘められている
深くて貴い言霊とメッセージ。

そして、
老、病、死、生、瞑想について。


こういったテーマについての
本はたくさんありますが、


心身にここまでストレートに
大きく響いてきたのは
わたしにとっては
初めてのような気がします。


これまで捉えていた、

生きる、死ぬ、老いる、病気になる

ことへの視点が、
いい意味でガラガラと崩れ去り、
新しく美しい視界がひらけてきた。

心がふっと軽くなり、
あたたかくい気持ちで
満たされました。


この視点を持ちながら、
日常を過ごしていくことが
とってもとっても楽しみになりました。


そんな風に思えるのは、
きっと今のタイミングだったから
なのでしょう。

もしこれが、一年前だったら
どう感じてたかな?


ものごとが、
すっと心に沁み通るときもあれば、
どうやっても入っていかないときもある。


人それぞれ、
ベストなタイミングがあるのだと
つくづく思います。


深いテーマばかりですが、
森井先生がご著書のなかで
繰り返し強調されているのは、

日々の暮らしをていねいに
過ごすことの大切さ



「霊的な進化は、華やかで奇跡的に行われるものという妄想をしている人が多くいます。でも、実のところ霊的進化は、無心になってトイレ掃除をするような日常生活の一瞬一瞬を意識的に生きるという地道な作業の積み重ねによって起こるものです。

心をこめて日常を送ることが最も大切な修行であり、瞑想などの修行は、日常生活につなげることがとても大切です。


老化が肉体の劣化であるということは本質ではなく、エネルギーの場が移行していくことが老化現象の本当の理由です。

清らかで純粋な思いを保つために、
誰でもどこにいてもできることは、
日常生活の中にある、すべてのものの中に美を見つけていくことです。
美を見つける思いは、心を豊かにし、霊性を高めます。何かを見て、美しいと感じるのは自分の心にある美しい面が共鳴するからです。美と共鳴する心は、日常での美を見つける思いによって、より強くより精妙になります。」〜本文より



実践的な内容も
たくさん盛り込まれているので、


年末年始、
じっくり読みながら、
ふだんの暮らし、創作活動に
落としこんでいきたいです。


森井啓二先生の

🔹ブログ→



 エネルギー溢れる美しい画像がたくさん

花のいろアーティスト 梨里


書家の武田双雲さん。


愉快で、軽やかなエネルギーを
まとわれていて、大好きです。





朝起きて、

そして、

夜寝る前に、

双雲さんのインスタグラムと
ブログを見るのが、
ひそかな楽しみとなっています。



今日のインスタの投稿、
とても響いたので一部をシェア♡





続きはこちらから→




目の前の一人ひとりを
だいじにすること。

一つひとつのことを、
愉しむこと。


ないものを
憂うのではなく、

あるものを見ようとすること、
感謝すること。


未来でなく、過去ではなく、
今、この瞬間なんだなあ。


わたしは、
まだまだ道半ば。

けれども、
こういう空気を持った人の
エネルギーにふれてると、
その気になる! なった気がします。



アーティストとして
こんな風でありたいと思わせて
くれる人。


いつか、お会いしたい。



お会いして、

力をもらっていること
感謝を

伝えたい。





梨里@と思ってるときっとご縁が繋がる

先日から
何度か話題にしている

バレットジャーナル







バレットジャーナルに関する過去記事:




わたしは、
この本がきっかけで
バレットジャーナルを始めました。





※現在Amazonでは在庫切れのようです。




本もとてもよかったのですが、

著書Marieさんの
ブログの記事内容もまた、
読みごたえがあって、


いろいろと
参考にさせてもらっています。


ブログ内で紹介されていた
これを読んだりとか↓





こちらの記事↓


の記事の中で紹介されていた


毎月始めに月のことばを決めて、
目につきやすいところに
書いておく


というのも
とってもいいなーと思って、


さっそく今月から
スタートすることにしたり。





ちなみに
11月の月のことばは、



呼吸



にしました。



なぜかしら?

なんとなくかしら(笑)

 


じぶんの呼吸、

人の呼吸、

動物や植物、食物の呼吸、

場の呼吸、絵の呼吸


などなど、

呼吸を意識して
一ヶ月
過ごしてみることにします。



     

梨里@呼吸法の師匠と



昨年秋頃から

細々と勉強している


古代(縄文時代)の神代文字

ヲシテ文字

歴史書ホツマツタエ

とても楽しいです。








世界最古の医学と言われる

アーユルヴェーダが発祥したのは 

約五千年前。




アーユルヴェーダでは

五大元素(空・風・火・水・土)

理論をベースとしており



この元素の組み合わせで

ヴァータ・ピッタ・カパに

つながってくる



これを学んだとき

感動したのだけど、



さらに遡ること一万年前 

すでに古代日本の人たちは 

この原理を知っていたことに

驚きました。




見て 見て↓






ア・イ・ウ・エ・オ行

それぞれ

空・風・火・水・土

のカタチを

そっくりそのまま反映

しているでしょ。




医学として体系化されたのは

アーユルヴェーダが

最初なのかもしれないけど、



ことばのなかに

組み込まれていたということは、

日本人のこころ?たましいの

なかに溶け込んでいたのかも

しれません。





ア行は、虚空を示す丸の形で表記され、

イ行は、風をはらんだ半円形で示され、

ウ行は、立ち昇る鋭い火を示す三角形で表されています。エ行になると、流れくだる水の姿がはっきりと移され、

オ行は四方を示す地面の四角で表されています。〜宮﨑貞行著「アワ歌で元気になる」



宮﨑先生のご著書では、

アイウエオの能(はたら)きについて

チャクラとの関係という視点からも

詳しく説明されています。




ヨーガをされる方にとっても

とてもおもしろい一冊だと

思います。










ホツマツタエは、

いろいろ言われていますが、

日本書紀や古事記の原書と

なったとも言われる歴史書。



わたしは古事記を読んでいて

素人ながらどこか違和感を感じてた時に、

ホツマに出逢いました



ヲシテ文字で書かれており、

いろんな方々による解釈が

されていますが、


気になる方は

まずは読んでみては?



わたしは、ご紹介いただいて

今村先生のホツマツタエから

入りました。







(天、地、人 と三巻あります)



とてもわかりやすい表現で

書かれていて

優しさがあふれていて 、

 

読んでいると

気持ちが温かくなります。




これを教科書に

駒形一登先生のメールマガジン(オタクには

たまりません 笑)で補講的に学んでいます。




そして、改めて

日本のことばや伝統は

なんて美しく調和がとれている

のだろうとつくづく感じます。 





あわのうたが 

あちこちで歌われるようになったり、



古代の文献がボコッと出てきて、

それを研究して下さる方々が出てきて

明らかになったり、 



表の歴史には出てこなかった、

でも、

とても重要な古代の神様のことが

わかり始めたり、



わたしの住む六甲界隈は

まさにその中心だということを

こちらに住み始めてから知りました




その神様たちからのメッセージが

降ろされるようになったり、

(そしてそのメッセージを

正しく受け取り

伝えて下さる方も増えた)



してきているのは

ありがたいこと。



わたしもしっかり受けとめて

いきたいとも思います。






六甲比命神社の向かつ姫(瀬織津姫)の磐座



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

↑このページのトップヘ