花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

カテゴリ: 心地いいカラダ


ある日の
おうち昼ごはん。





高菜漬け納豆じゃこチャーハン


納豆と高菜漬けを
ごま油で炒めてごはんを入れ、

別に炒った卵と
ちりめんじゃこを入れ、
さいごに小口切りした小ねぎを
入れて出来上がりです。


卵と小ねぎが
彩りよくしてくれます。



高菜漬けとじゃこから
塩味と旨みが出るので、


味つけは、
ほんの少しの
(岩)塩、黒胡椒、醤油だけ。



ポイントは、

✔︎最初に、納豆と高菜を炒める
(ほの後ごはん、じゃこ、炒り卵、小ねぎの順に)

✔︎炒り卵は作った後、いったん取り出しておき、後で加える


くらいかな。


ゴーヤや
にんにくを入れても
とてもおいしいです。



じゃこのかわりに、

たらこや
辛子明太子でも。



冷蔵庫にストックして
おけるものばかりでしょ?



でも、
ちゃちゃっと作れて、
ちゃんとおいしいんです。



のことを少し書くと、


チャーハンだけだと


味のバランス:

わたしは
アーユルヴェーダを
生活に取り入れているので
その観点からですが.


六味(甘・塩・酸・辛・苦・渋)
に偏りがあるので、


甘・酸・渋がほしい感じ


他のところで補います。


なんといっても、


甘味酸味

は、

Kombucha(紅茶キノコ)

で。




そのまま飲んだり、

酢の物に使ったり、





旬のフルーツの桃や





イチヂクに 和えたり。



植物性の乳酸菌発酵飲料なので、
腸環境を整えてくれるという、
うれしい性質も持っています。



渋味の部分は、
わたしは よくお抹茶で。


緑茶もいいですね〜






ごはんを食べ終わって、


くつろぎ モード


になれる
というだけでなく、


午後の仕事に向かう


しゃんとした モード


にもなれて、

なかなかよいなあと
思うのです。



最初はブラック(?)で、


あ!ストレートというのか。



途中から
抹茶オーレにして。






わが身を
振りかえると、


アーユルヴェーダを
取り入れ始めたころは、


こっちは酸味で、
こっちは甘味、

と、

食材や調味料など、
一つひとつの味について
フォーカスして
肩ひじはっていた気がします。



長く続けていると、
そのうち、

一つの食材で、


一品の中で、

になり、


一食の中で、

一日のトータルの食事で


見るようになり、


一週間で、


季節で…


と、

どんどん
点から線へ、


さらに
立体的に見られるようになり、


より楽しく
食生活をデザインできるように
なってきました。



知識として
頭に入れるよりも、


生活のなかで 実践して、
味わって、感じることのほうが
とてもだいじで、


それがあってはじめて、


知識として頭になんとなく
入っていたものが、


本当の意味で
血肉となっていくのだなあと
実感しています。



Rika♡


花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 


malrikart
花のいろアーティスト♡梨里(Risato)









海も大好きだけど、
森や山はもっと好き。


どちらかといえば山派です。



ピアノもYAMAHAだし
なんちゃって〜。



アーユルヴェーダが
つないでくれたご縁で わが家に来た
日本の香りたち。





 



や葉から抽出した
エッセンシャルオイルは、


部屋にいながら、
そうそうは行かれない
(今暮らしている場所はそうでもないけど)


森や山で過ごしているような
リラックス気分に
させてくれます。


香りとの出逢いについての
関連記事はこちらから→




ボトルを開ければ、
高野山や吉野、
屋久島にだって行けてしまう。



安上がりで、リーズナブルに
日常の喧噪から静けさのなかへ
いざなってくれる、


まるで 
香りのどこでもドア


のよう。



      ひのき葉、屋久杉、コウヤマキのオイル。






生の高野槙で、相乗効果⤴︎
(さわると気持ちいいよ)



  

ドラえもんで妄想効果⤴︎  



これも、
心身のバランスを調和させ、
いい絵を描くための、
わたしの大切なパートナー。


リラックス できると、
カラダがゆるむ。



カラダがゆるむと、
心地いい。


心地いいと、
本来のわたしらしさ
より出せる→


いい活動(わたしの場合は
主に花のいろアートの制作)への
スパイラルへ。



いろんなアプローチがあるけれど、
香りもその一つ。


たくさん、じぶんなりの
心地いい引き出しを持ってると
いいですね。



ああ、
香りの旅もいいけど、


そろそろ、ほんとの
旅に出たいな〜。



熊野古道とか伊勢あたり、
今、一番行きたいところ、デス。



花のいろアーティスト♡Rika

花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika


昨日の記事

(↑クリックすると記事に飛びます)

に関して、

いつもより
多くの反響をいただきました。



お読みくださり
ありがとうございます。



お能に興味を持ってくださった
方もいて、嬉しいかぎりです



○○○


さてさて、

昨日は、
締め切りの仕事を一つ終えて、


この夏最後(?)の海を味わいに
須磨へGo!してきました。


(山の日だったのねー 




















花のいろアートを描くときの
色合わせは、
自然からヒントをもらっているので、


リフレッシュとともに、
いい学びにもなります。






しかし、昨日は
太陽の陽射し ガンガン!



自宅にもどったあとは、


ターメリックオイルで
ケアしました。



ターメリックオイルについては
こちらから→



そして、
日焼けしたお肌の状態を
整えてくれるアロエベラ
(ふだんから摂っていると、
女性ホルモンも整えてくれますよ)





カットして、
ハチミツ、おろししょうが、
Kombuchaをまぜて食べたり↑






皮の部分を
ほてった肌につけたり
(肌の弱い方は、かゆくなったり、
刺激を感じるので注意してね!)、


果物や野菜とジューサーにかけて
飲んだり と。




 自宅で育ててます♡


この二つは、
アーユルヴェーダで
すぐれた薬効があると
言われているだけでなく


わたし自身が
生活のなかで取り入れてみて
実際にとても効果を感じているもの
です。



日に焼けるのは
さほど気にならないですが、


そのあとの乾燥は
やっぱりね〜。



機会があれば、
試してみてくださいね。



アロエベラは、
いきなり育てるのは
難しいと思うけど、


葉を通販やデパ地下(東京)などで
手に入れることができます。





花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 : 


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika





とびきりおいしいガスパチョ、
できました〜。








わたしが
余計なことをしなければ
しないほど、
おいしくなるみたい



自然のめぐみ&
Less is more♡



今回作ったガスパチョの材料と
作り方は こんな感じです。



【使用したものと作り方】3〜4人分

完熟トマト 中4つ(湯むき&ざく切り)

・赤パプリカ 1/4個(ざく切り)

・きゅうり 1/4本(ざく切り)

・玉ねぎ  ほんの少し(ざく切り)

・バジルの葉 3枚(ざく切り)

・にんにく 1/3片(みじん切り)

・EXヴァージンオリーブオイル 大さじ2

・パプリカパウダー 少々

以上を、
ブレンダーかミキサーにかけてガー。
(わたしは3回にわけました)

のあと、


なめらかさがほしい場合は、
漉して

・岩塩、ブラックペッパー 
・生蜂蜜
・Kombucha(白ワインビネガーでも)

で 味をととのえて、
出来上がり。



少し冷やしてから
いただきます。



↑  きゅうりと赤パプリカを刻んでのせています。


ときめく夏色♡

食欲があまりないなあというときも、
この色の効果は バツグンです。



ぜひ、一度試してみてね。



○○○

さて、
ここで トマトのちょっと小ネタを。



トマトには、

完熟トマト
加熱用トマト
追熟トマト

が あるって、ご存知でしたか?


 
完熟トマトは、
樹の上で実が赤く完熟してから
収穫したもの。



加熱用、追熟に比べて
本来のトマトの栄養成分が
とても高いのですが、


収穫する時点では
皮が薄くて実が柔らかいため、
配送中の揺れなどで傷みやすく、
流通が困難(お値段もその分高いです)


*プチトマトは完熟トマトでありながら
皮が厚いので、流通しやすい



加熱用トマトは、
外国で主に生産され
(イタリアントマトなど)、


皮が厚いため、
完熟されてから収穫されるので、
栄養価は高い。


けど、
生のままだと酸味が強く、
加熱すると甘みと旨みが増えるので、


カポナータやパスタのソースなど、
煮込み系にするとよい種類の
トマトです。



追熟トマトは、
もっとも多くお店で見かけるトマト
(お値段も安い)。


まだ熟していない
青くて硬い状態のうちに収穫して
運ぶことができて、


色が赤くなってから
お店に並べることができるので、
流通には便利。



見た目は完熟と変わらないけど、
酸味が強いです。



未熟の段階で収穫された
この追熟トマトは、


アーユルヴェーダでは
未熟な食品として考えられており、
生で食べることを
おすすめしていません



アーマ(未消化物)を発生させ
血液を汚す原因となってしまうから
です。



わたしは、実は
生トマトがあまり好きでは
ない時代が長かったのですが、
(今でも積極的には食べません・
口の中がかゆくなることがある)


軽いアレルギーの可能性もありつつ、
トマトの種類や調理の仕方も
あったのかもなー、と思っています。



お店に行ったら、
どんな風に表記がされているか
確認してみてくださいね。



ふだん
食卓でいただくものが、

どんな人によって、

どんな風に作られ、

どんな風に運ばれて、

どんな風に伝えられて、


わたしの手に届くのか。



知って、思いを馳せると、
ますます愛おしくなる、


ものも、人も、自分自身も、
きっと。





↑こんな風に具体的に書いてくれている
お店もあります。








↑こちらだと、
直接農家さんと直接お話することが
できますよ〜  と 宣伝(笑)


Eat Local Kobe
ファーマーズマーケットは、


今週末7/30(土)朝、
神戸市役所お隣の東遊園地で
12時半まで開催しています。



わたしもおりますよ〜。
遊びに来てね。



のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika






伸びに伸びたニーム。




カットしたついでに、
玄関インテリアを模様替えしました。

花のいろアート
ピサンキ
かためた石膏に彫刻した蓮のつぼみ
(ほとんどは根付師さんに仕上げてもろた( ̄▽ ̄))

○○○


昨年の梅雨シーズン、
自己流で
お肌のプチ断食をしまして、


ものすごーく効果的だったことに
気を良くし、
今年もやりました〜*(^o^)/*
(本日10日目の最終日!)


今日は、
そのことについて
書いてみたいと思います。


主に自分用の記録としてなので、
興味ない方は
スルーしてくださいね。



過去のブログを見ると、
昨年の肌断食は、
こんな感じでした↓

○○○

【期間】
2015年7/13〜22の10日間

【期間中にやったこと】
朝はぬるま湯で、夜はせっけんで洗顔の後、化粧水と一滴のローズヒップオイル(後半はオイルなしの日もあり)

【それまでのお手入れ】
夜: 
石けん洗顔(手ぬぐい使用)
→ココナッツかアルガンオイルをほんのちょこっと塗る(ブースターとして)
→化粧水たっぷり
→保湿液
→美容液
→シミのあるところ、眉毛、まつ毛にひまし油

朝: 
ターメリックオイルマッサージ
拭き取ってお湯洗顔
→化粧水たっぷり
→保湿液
シミのあるところ、眉毛、まつ毛にひまし油

【肌断食直後2015.7.22の効果】

・ヒフ表面のざらつきが減った

・ツヤ感、透明感が増した

皮脂コントロールがうまくいっているのか、暑くても テカテカ、ギラギラしない


【長期的な効果】

超乾燥肌だったわたしだが、秋、冬にまったく乾燥しなくなり、いつも潤っている。お手入れがシンプルで、結果が出ていることへの満足感大


○○○ 


全体的には、

自分自身の本来の皮脂分泌の力、

調整する力が 戻ってきたことを

強く実感しています。


 


現在の

ふだんのお手入れは、



昨年の肌断食のときの

お手入れとあまり変わらず、



基本的には

化粧水アルガンオイルのみ

(朝はオイルマッサージします



夜に、ローズヒップオイルを

加えたり加えなかったり、



ひまし油を シミのあるところと、

眉、まつげに、という感じです。




なので、

今年の肌断食は、

オイルの量を減らすのみでした。



あ!さとう式リンパケアと

サフランオイルでのナスヤ(鼻うがい)はかかせません



今年も7/12に始めたので、

本日が10日目、最終日となります。



昨日(9日目)の画像は

こんな感じ(スッピンで失礼)↓






室内が暗かったため、

明るさを調整し、

顔の部分がはっきりするように

まわりをぼかしていますが、



しわやシミなどの顔の補正・加工は

一切していません。




ちなみに 眉毛も自眉  笑 書いてません。


これは確実にひまし油効果。ひまし油すごいよ!ビューラー使っていた時代にとれちゃったまつ毛も再生してきたの



まあ、

美容やメイクの専門家さんからしたら、



ツッコミどころ満載

なのでしょうけど



自己満足度は とても高い!

のでございます(*^_^*)







ちなみに、ふだんのわたしのメイクは、

日焼け止め、お粉とチーク、

色みのあるリップスティック、

気が向いたらアイライン。


ファンデーションやコンシーラー、マスカラなどはしません


すべてノンケミカルでオーガニック、

石けんだけで落ちるものを

使用しています。




メイクにめざめたことは

これまでに一度もないという

女子力の低いわたしですが



別段 ノーメイク主義でも、

メイクを敵にまわしている

わけでもなく、



かといって、

スキンケアいのちというわけ でもない。


太陽が大好き!

炎天下でのランニングやゴルフも大好き!


めんどくさがりやなのと、

ヘナの森田さんのアドバイスにより

脱ファンデしてから、肌が快適になったのと、

メイクよりも他のことに

関心がありすぎるのが主な理由



人様のメイクの

ビフォーアフター画像などを見ると、

すてきだな〜と思うし、



メイクで

表情や気持ちが変わったり、



モチベーションや

自己肯定感も上がったり、



新たな自分の魅力を発見できたり、



と、心理的効果があるのも

よくわかる!



それは、

とってもすてきなことですよね。







わたしは、



ただ ただ、



自分自身のメイクへの

興味とか関心や、

他のことにくらべての

優先順位が低いのだと思う。




自己肯定感の上がる

ツボや強度もちがう。



いい、悪いではなくてね。




いい、悪い をジャッジすることなく、


他人とくらべることなく、


それぞれの価値観で 

それぞれが それぞれの 「心地いい」


を 選択すればいい、



のだと思っています。






スキンケアやメイクに限らず、

他のことも、ね。




さてさて、今年の秋冬の
お肌はどう変化するのか、楽しみ〜



のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika


↑このページのトップヘ