秋になると、
お能の舞台が増える。



役者の方々のあいだでは
この時期のことを、
繁忙期ならぬ

繁能期

って
言うんだそうです♪( ´▽`)



先週は、
わたしもお舞台2つ。



一つは、
毎年9/21に
西宮市の越木岩神社で行われている
薪能(演目は『鞍馬天狗』 半能でしたが)。














9/25は
京都、金剛能楽堂にて
お師匠がシテ(主役)をつとめる
『黒塚』。







お稽古入門してから
早4ヶ月。



思ってた以上に、
わたしはこの世界が
好きらしくて、



お稽古の日が
待ち遠しくて仕方ありません。
 


この前は、
自宅で
早朝に謡の練習してたら、
夫に


「犬の遠吠え聞こえると思ったら
奥さんだった」


言われましたけどねっΣ(゚д゚lll)


気にしません 笑



もはや、
朝ランするときも
BGMは
お師匠の謡とか
お囃子でございます♪( ´▽`)。






話は変わりまして、
最近の
おもしろ不思議話を
一つ。



先日から


「瀬織津姫(セオリツヒメ)」


というワードが、


何度となく
夢やふとした時に
出てきていて、


瀬織津姫の化身と言われる
黒アゲハも
よく見ていたのだけど、



西宮薪能の会場が、
なんと
瀬織津姫にご縁のある
越木岩神社だったのでした。






瀬織津姫は、
ホツマツタエという
縄文時代の歴史書のなかでは
天照大神の妃として
描かれています。



ホツマツタエには、
あたり前のように
バンバン登場しますが、


なぜか
古事記や日本書記など、
表舞台には
出てこない(こさせられない?)
お姫さま。







まあ、
ホツマツタエにしても
瀬織津姫にしても、


陰謀論も含め、


いろんな方が
いろんなことを
おっしゃってますが、


わたしの感覚で読んだ
ホツマツタエは、


あたたかくて、やさしくて、

じぶんの中の
日本人の根元的なものに
すーっとアクセスできる感じ。


(古事記は、もっと遠くて鋭い印象で、
そこまでは感じられなかった)




ホツマツタエの、
最初に出てくる廣田神社。読み始めて真っ先に行きましたが、すごーくいい気が流れていてホッとする大好きな神社。ここも瀬織津姫とご縁が深い神社。



まだ、
一回しか読んだだけなので、


また、
ていねいに読み返してみたいと
おもってます。



で、


瀬織津姫がよく出てくるのです、
という話を、
facebookでつぶやいたところ、



大好きな写真家の
赤阪さんが
瀬織津姫にお詳しくて、
コメントを下さったり、


これまた、
去年思い立って訪ねて行った
福岡・糸島の
大好きなお店の店主さんも


なんと、


『瀬織津姫というワードが
出てくるのだけど、
どなたか存じ上げません』


コメント下さったり。
 


コメントいただいたとき、


糸島という土地自体も、
糸島に思い立って行ったことも、


こりゃ、
瀬織津姫と
つながりがあるなって
ピンときましたが、


今はあえて意図的に
ほじくり返さずにいたいなーと
思います。



この世で
じぶんの経験すること、
出逢うもの、人は、
 

偶然ではなく、


一つとして例外なく、
すべて
なにかのメッセージを含んでいて


じぶん自身が映し出されて
いるもの(と思っています)、


今後
どう展開していくのかが
楽しみです。



いろんな点が
線になっていくのは、
なんともいえない
ワクワク感がありますね。



明日は、
赤阪さんの写真展だー!



いろいろ、
お話聴けそうで楽しみです。





糸島、海から櫻井神社へつながる鳥居






花のいろアーティスト♡梨里(Risato)                             

花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

その他のお問い合わせはこちらから

PC・スマホ共用 :