イチローさん、4257安打達成!
やったね、*(^o^)/*おめでとう。


マイヒーローはイチローと野村萬斎さん


いやあ、すごいすごい。


記録もだけど、
このインタビュー記事の
内容がすばらしすぎる↓



苦労しているところは見せたくない、
見せたいやつ、誰がいる?

自分で雑草とかっていう人は
見せたい人だから


とても共感した。


イチロー選手は、
見えないところでは、
ものすごく努力や苦労をしてるはず。


見せてないだけ。


そんな彼のことばだから、
ダイレクトに
強く伝わってくるんだと思う。


○○○

わたしも、レベルはちがうけど、
決めていることがあって。


ふだん、忙しい ってことばを
言わないようにしている。


忙しい?

って聞かれたり、

忙しそう

と、言われたり したときも、

ほんとは、めっちゃ忙しくしてても、
意地でも言わないと決めている。


ほんとに全然忙しくないときも
もちろんあるんだけどw


忙しい のかわりに、

やることがたくさんある

とか

予定がたくさん入ってる

って言う。 笑


忙しそうに見えちゃったら、
仕方がないけど、
そこは、相手の感じ方なので 気にしない


会社員時代に出逢った人たちのなかで、
わたしが、ステキだなあと感じていて、
尊敬している人たちは、

超多忙であるはずなんだけど、

みんな、忙しければ忙しいほど、
ぜったいに忙しいと言わない。


忙しいと言わないことと、
弱音をはかないこととはちがう


…ということに気づいてから、
わたしも、言動だけでも
あやかろう!と思い

以来、
言わないって、決めたこと。


言わないようにしてから
気づいたこと。


忙しいって言ってたとき、
わたしは
忙しい人のように
見られたかったんだってことを。



忙しいって言うの、かっこ悪い、と
今なら思う。



○○○


イチローさんの
このことばにも
チカラをもらえます。


「僕は子供の頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負はあるので、例えば小学生の頃に毎日野球を練習して、近所の人から『あいつプロ野球選手にでもなるのか』っていつも笑われてた。だけど、悔しい思いもしましたけど、でもプロ野球選手になった。何年かやって、日本で首位打者も獲って、アメリカに行く時も『首位打者になってみたい』。そんな時も笑われた。でも、それも2回達成したりとか、常に人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはあるので、これからもそれをクリアしていきたいという思いはもちろんあります」


自分がやりたいこと、
成し遂げたいことが
しっかりあって、

そこに集中さえすれば、
気持ちはぶれない。


軸は
他人じゃなくて、つねに自分。


あやかりたい!


malrikart  
花のいろアーティスト♡Rika

e-mail:
malrikart@gmail.com