今朝の芦屋川♡



わたしの

「心地いいカラダ」をつくるモト


について、
これから、少しずつ
ご紹介していきたいと思います。


カラダが、
心地いいと感じる状態って、

実は、

痛みがない、とか、
かゆみがない、とか、

そこにあることを感じない、
=意識しないでいられる状態だと
思ってます。


別の言葉で言うと、

つまっていたり
どこおっていたりという
感じがない

こと。「ない」という感覚は
ちょっとわかりづらいけど、

カラダのなかが、流れている感じ、
スースーと風通しがいい感じ

がするって感じかな。


これは、不快な状態を
経験したことがあればあるほど、
わかりやすい。


つまりまくってた
過去のわたしを
思い出しながら書いてます。


幼少期から
アレルギー性の鼻炎と
ヒフの体質からくる不快な症状が
長く続いていた わたし。


自己紹介のところでも
少しふれたけど、

それらの症状がまったくなくなり、
気持ちのいいカラダに変わったのは、

アーユルヴェーダの存在が
大きくて、

中でも、
オイルスパイス
はすごく効果的でした。


オイルは、
主にヒフに塗ることによって。

スパイスは、
口から摂取することによって。


あとは、

・呼吸法
・流さない リンパケア(ドレナージュや マッサージではない)
・ヘナとハーブ粉シャンプー


症状がなくなった今でも、
自分をいい状態に保つために、
整えるために、
欠かせないことばかり。


飽きっぽくて、
なかなか習慣化できない
わたしが、
今日まで続けられているのは、

体感している
&
楽しい

から。


オイルのことから
書いていきますね〜。


花のいろアーティスト♡Rika