先日、
久〜しぶりに
伊勢神宮へ参拝してまいりました。


IMG_5339
              外宮入り口の松


前日夜に、ふと行こう!と決めて、
ほぼ無計画で行ったのですが、

後から振り返ると、

起こったこと、
タイミング、

すべてがあらかじめ設定されて
いたかのような完璧さでした。


直感を信じてよかった!と
思えるようなこと、
不思議なできごと、

片手ではおさまらないほど
ありました。

このお話は別の機会にでも。


おもしろかったことの一つが

伊勢神宮内宮の正宮に
お参りに行った時のこと。

ちょうどわたしが
正宮の正面階段を登りきった
ところで、

警備員の方々から

「止まってくださーい」
「動かないでくださーい」

と、大きな声で
参拝客に規制がかかりました。


なにごと?と思った次の瞬間、

正宮の中央正面奥から、
宮司さんや禰宜さん、
白装束をまとった神職の方々が、
ぞろぞろと出てこられました。


静謐で厳かな光景。


途中、びゅーっと強い風が吹いて、
奥の白いのれん(←なんて言うの?)
が吹き上がって
中の様子も垣間見ることができたり。


どうやらご神事が終わった瞬間の
場面に出くわしたようで
後で調べたら、こんな記事が
出てきました。

神様の新年宴会ですって
なんだか楽しそうですね♪


宴会後の神様は
きっととってもいいキブン(?笑
でおられるはず♡

そのいいキブンのエネルギーを
分けてもらったんだわ
と、妄想しながら、

あの場にいられたことに
感謝したのでした。


実は、
この日の朝は、

行きの電車内で
読んでた本に夢中になって
乗り換え駅に気づかず、

乗り過ごしてしまっていました。

陸王
池井戸 潤


この本のせい(笑)


そして、その後、
ふらっと寄り道なんぞも
したりしていたのですが、

そんなことも、

あの瞬間、あの位置で
居合わせるための
時間調整だったかのように
思えてきます。


直感をもっと信じていい

頭で考え過ぎないように

というメッセージだと
受け取りました。


新年会といえば、

もう一つ、
翌日の朝は


とで
新年のゆるい会。


ゆるい会は、
思ったこと、感じたこと、
考えていることを
そのままに話せて、

お互い
依存することなく、
比較することなく、

安心感と '楽しい!'がいつもある。

わたしにとって
遊び場のような存在。


本当にありがたいなーと
感じます。

そして、
夜もまたまた新年会。
オットとお祝いをかねた夜ごはん。

近々、
わたしたちにとって
大きな波が来そうなこともあり、

その波に楽しく乗れるよう、
予祝をしてきましたよ。

この新年会二つも、

前々日という
ショートノーティスで
スムーズに決まったこと。


「直感で動く」は
わたしの今年のキーワードの一つの
ようです。


直感で動いた先の景色を見るのも
また楽しみです。

花のいろアーティスト 梨里