先日のこちらの記事↓




でご紹介した
森井啓二先生のご著書。


年末年始に、

読み返して、
読み返して、

ただいま 4 読目(*゚▽゚*)


本の良さが
言葉にならない…



のですが、

ほんとにすばらしくて、

これまで読んだ本の中での
マイベストかもしれません。

(春樹さんは別 笑)


しっかりと、

じぶんの中に、
暮らしの中に、

落とし込んでゆきたいです。


初めて読んだときは、

直感的に
両親にこの本を読んでほしいと
思ったものの、


本との出逢いって、
タイミングもあるし、
相性もあるからなーと、

帰省していたときにも
特にすすめることもせずに
いました。


なのですが!


ふしぎなことに、

父が話してくれたエピソードから
自然にこの本を紹介する流れとなって。


そのとき わたしは、
下巻しか持ってなかったにもかかわらず、

父は、
本を手に取り、
パラパラとめくりながら

なんと、

「最初から読んでみたいのぉ〜」

と!

そして、
脇で聞いていた母も、


まさかの!


「この字の大きさと行間なら
わたしも読めそう。」(←かーさん、そこですか)


意図せず、
あまりに自然な流れで
驚きましたが、


それだけに
より嬉しかったです。


まさに

聖書の

「神様のなさることは、
すべて時にかなって美しい」

を感じたひとときでした♡


きっと
森井先生の
純粋で美しいエネルギーが
まっすぐに通じたのでしょうね。


***


ここ数年、

心に強く響く本に出逢うと、

ほどなくして、
近隣で
その著者の関連イベントが開催され、
著者と出逢う

という 不思議うれしい経験を
繰り返しています。


今回もそう。


帰省から戻ると、

ある京都でのイベントのチラシが
送られてきていて

登壇者に森井先生のお名前が!


3月にお目にかかることが
できそうです。


そのチラシには、

お世話になっている
鍼灸師の先生のお名前もあって
二度びっくり。


ますます、楽しみになりました。


イベント情報→

きれい・ねっと感謝祭2018~響きあういのち~

花のいろアーティスト 梨里