ハレのお正月も過ぎ、

日常、
の日々の空気感に
戻りつあることを感じます。





年末年始は、

クリスマスや忘年会、お正月、
と何かとイベントごとが多く、

食べ過ぎ、飲み過ぎ
になった方も多いのでは?
(はい、わたし!)


明日、一月七日は
人日の節句、
七草の日。


消化にやさしい七草粥で、
疲れた胃腸を休めつつ、

無病息災を願うには
とてもよいタイミングですね。


さて、七草粥。

わたしは、今年は
これを使って作ろうと
企んでおります。


じゃん!




生の玄米粉です。



昨年の11月に、
あるきっかけがあって、

鍼灸師の先生のご指導のもと、
食事の内容やタイミング、量を
見直していたのですが、

その際、
ふだんの主食ごはんのかわりに、

玄米粉とお水、お塩で作る

玄米クリームなるものを

食べるよう、

アドバイスを受けました。



これが、

おいしくておいしくて!



台湾粥の水分を少なくして

香ばしくした感じ?



通常食に戻っても、

食べ続けたい!というくらい

おいしい。


玄米の栄養価はそのままで、


粉状になっているため、


消化吸収しやすく、

胃腸にもとてもやさしい。



お鍋があれば、

簡単に作れるし、


保存もきくしで、


なにかと

よくいただいています。








使うお塩を変えたりもして、

いろんな味わいを楽しんでいます。







******

余談:


キパワーソルトってご存知ですか?

とびきりおいしい!だけでなく、


なにかとふしぎな効能もある

神秘的でエネルギーの高いお塩なのです。




↑土鍋で炊いたごはんを

キパワーソルトでむすんだ

おむすびは、絶品!


ほっぺたがなんども

落ちました 笑 


使い方や

すてきな開発エピソードも

紹介されているサイトはこちら→


http://www.qipower.co.jp


******




キパワーソルトと


玄米粉で七草粥作ったら

おいしいだろうな〜と

妄想しています。



生の玄米粉は、

さんで購入していますが、

(お店の方がとっても親切で
ていねいにいろんなことを教えて下さいます♡)

ネットを見るといろんなところで
取り扱いがあるようです。


【玄米粉クリームの作り方(1食分)】
  注) 1食分ですが、どんぶり鉢に一杯と
かなり多めにできます。

🔸材料🔸
生玄米粉:70g 
水:400cc
塩:少々

🔸作り方🔸
① 厚手の鍋に生玄米粉と水を入れて溶き、1〜2時間置く
② ①を火にかけ、塩を入れて
中火で4〜5分箸でかき混ぜながら煮る
(大きめにかき混ぜるとダマにならない)

③火を止めてフタをし、10分以上蒸らす

④ 再び弱火にかけて、5〜6分かき混ぜながら煮る。とろみとツヤがでたら出来上がり



オマケ:

七草粥の七草は
古代日本の歴史書ホツマツタエにも
出てきます。








 ホツマツタエについて書いた記事→


【古代の神代文字と文献〜ヲシテ文字とアーユルヴェーダなどなど】



花のいろアーティスト 梨里


「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート


地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます





🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html