月に二回の能のお稽古。



先月末、脚を痛めてしまい、

しばらく仕舞はお休み。



謡の稽古では、

新しい曲に入りました




曲は、


吉野静(よしのしずか)」。


           *吉野静は源義経の妾、白拍子


あらすじ

源義経は頼朝との不和により吉野山へ身を潜めていたが、衆徒の心変わりにより山を落ち延びることになった。防ぎ矢を命じられた佐藤忠信は、偶然にも山中で、義経を追ってきた静御前に会う。忠信の考案した謀計により、静は義経を追おうとする衆徒を、舞を見せて引き留め、無事、義経を落ち延びさせることができた。

             〜大槻能楽堂HPより転載



前の曲「熊野(ゆや)」が

終わって、



お師匠から


「次に、何かこんなやってみたいという希望は ありますか?」



と聞かれたのですが、



わたし、


そもそも能の作品に

どんなのがあるのかさえ

わかっておらず( ´∀`)



難易度とか、

わたしの今のレベルに

適切なものかどうか

も???



ので、

選ぼうにも選べない( ´∀`)



ので、


「お任せします」



と一旦は答えました。



が!


ふと、


「先生が来年舞台をつとめられる

曲をやってみたい」



という思いがよぎり、



思い切って

提案してみたら、



「やりましょう」



となったのでした。




やったー!



舞台は来年二月。


お稽古も、舞台鑑賞、

双方へのモチベーションが

ますます上がります。




お稽古では、

謡うのも気持ちいいけれど、



ストーリーや歴史的背景、

舞台構成etc.



について、お師匠から

ていねいで分かりやすい

(そして、すてきな声で♡)

お話を聞けるのが



わたしにとっては

楽しくて、尊い時間です。




宇高竜成先生は、


毎週金曜日にyoutubeで動画


タツシゲの日々是道場




をアップされています。



お能がぐんと身近に

親しみやすく感じられる内容なので、



ご興味のある方は、

是非一度ご覧になって下さい!






お世話になっているお稽古場。







月ごとにセレクトされた

掛け軸を見るのも好き。



'弱法師(よろぼし)'より


『江月照し松風吹く、永夜の清宵何の所為ぞ』



動画解説はこちらから→

https://m.youtube.com/watch?v=2uIBB23f8fM 2017.12.8