今朝は、玄関を出たとたんこの光景!




そろそろ、

来年のダイアリーをどうしようかな?

とあれこれ思いを巡らせる時期に

なりましたね。




みなさんは、

バレットジャーナル 

ってご存知ですか?




わたしはこの本で

初めて知ったのですが、






 


バレットジャーナルとは、



NY在住の

デジタルプロダクトデザイナー 

ライダー・キャロルさんが開発された

スケジュールやタスクを

管理する手帳術(システム)です。



開発のきっかけは、


ライダーさんご自身に

学習障害の困難があったこと。



大事なことを即座にとらえ、

一目ですぐに理解できる

記録のしかたを

試行錯誤し続けた末に

できたものなんだそう。




この本の著者Marieさんも、

前書きで



'子どものころから

忘れ物が多く、注意散漫。

一つのことに夢中になると、

ほかのことがまったく

見えなくなるたちです。


整理整頓が苦手で、

少し気を抜くとすぐに

部屋は雑然としていまいます。


...バレットジャーナルに

タスクやスケジュール、その他

もろもろを書き出していくと

ごちゃごちゃだった私の頭の中が

本当にすっきりするのを感じます。'



と、

書かれていて、



あ、これ私のことだー!と

大きくうなずきながら

読み進めました 。



誠実なお人柄が伝わってくる

すてきなMarieさんブログ→


🔸MANDARIN NOTE


Marieさんブログの中で、

わたしの裏インスタグラムの投稿を

ご紹介下さっています→

🔸「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル 本の内容紹介ページ



さっそく手持ちのノートで

バレットジャーナルを

始めてみたのですが、



ほんと!


頭の中がすっきり

整理整頓されて

すごくいい感じです。




バレットジャーナルの

一番のキモといってもいい



Rapid Logging:

素早く(なんでも)記録すること


箇条書き(シンプルにできるだけ短く)



が性に合っているようで、



宙ぶらりんのことが

頭・心の中になくなるんですよね〜。



そして、


いつでもどこでも

手帳を開きたくなるから

不思議です。




インスタグラムの

ハッシュタグ 


#バレットジャーナル


#bulletjournal


で検索すると、



カラフルなマステやシール、

イラストの手書き、


とクリエイティブに

バレットジャーナルを

楽しまれている様子が

目に入ります。



わたしは...


どちらかというと

ベーシック&シンプルが好み。



そういう意味でも、

この本は、


キホンのキをシンプルに

伝えてくれているので、


じぶんとのfit感が

大きかったようです。









本でMarieさんが紹介されていた

ドイツの文具メーカー

ロイヒトトゥルムのノート

LOFTに見に行き 、



欲しい色の在庫がなかったので、

ネットでオーダーすることにして。



わたしが選んだのはこれ↓






新しい手帳って

ワクワクするものですね。



すてきな相棒とともに、

わたしらしい世界を

描き創っていきたいです。



届くのが楽しみ♡



花のいろアーティスト 梨里


「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート


地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます


♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html