3月に入りましたね。



あちこちで、
春の使者の足音が聞こえてきます。








 















ここのところ、
ありえないようなミラクルごとすが 
立て続けに起こって、

ドタバタしておりました。
(いい意味で)



最初はちょっととまどいつつも、

あまりにそれが
ひんぱんに起こるものだから、


だんだん、


次はなにが来る?


と、ごくふつうの感覚に
なってきました。



なにが起こったかというと、


たとえば、
とある週末は、


寒いなかを歩き過ぎて 

足先が冷たくなって 痛い!


次の予定までまだ時間があるなあ、

ここに足湯なんてあったらいいなぁと

思ってたら、






目の前に足湯が現れた!

(大阪の土地勘ないところで)



とか、



この美術展行きたい 

と投稿でつぶやいたら、

チケットをいただけることになった、



というようなレベルから、



冬至の会で、

参加者のみんなに語っていた妄想

(本当に夢物語のようなこと)が

現実化しそうだ

(これは、びっくりを通りこして

うそでしょ、と声をあげそうになった)


というようなレベルまで。


(まだまだあります)



なぜ、こんなにも

ふと思ったこと、望んだことが

ぼこぼこと現実化しているのか?



なのですが、




偶然に起きたことだとは

実は、ぜんぜん思ってなくて

(でも100%信じてたわけでもない)、



たんに、

続けてきたトレーニングの効果が

出てき始めたのかなと

 


と思っております^_^








それについて、

ちょっと書きますね。




昨年末から今年のはじめにかけて、facebookを一週間お休みしたこと

がありました。




facebookを見なくなったぶん

朝晩の瞑想時間を増やしまして、



それをきっかけに、

繰り返し繰り返し、



じぶんの'感じ方' のクセを

変えるトレーニング



をしてきました。




これは、

また別記事にしようと思いますが、



このトレーニングで

実感したのは、



じぶんの心の状態が

そのまま現実の経験として現れる



じぶんが 'いい気分でいる'こと以上に

大切なことはない



ということ。




よく啓発本や

スピ系の本などでも

言われていることですけれども、



ほんとに、そうだなと。




今、いい気分から離れてるな、

と感じたら、戻る。



問題(のように思えること)が

起こったら、

怒りがわいたら、



そこでわきおこる感情を

たっぷり味わって



その上で、


その問題は いったん わきにおいて



いい気分に 戻る。



(ネガティブな感情に飲み込まれているときには

問題解決しようと思っても

うまくいかないのです、これが)






では、どうやって 

いい気分に戻るの?



ってことなんですが、



それは、

そのとき、その場で できる 



'じぶんがいい気分になれる

ことを探して それをやってみる'



(想像する、でもOK)

という、かんたんなことなんです。




わたしの場合は、



*ねこの動画を見る

*好きなハーブの香りをかぐ

*大好きな人の本を読む

*本屋さんをぷらぷらする

*散歩する

etc.



だったりしますが、

みなさんはいかがでしょうか。




今までのわたしは、



なにか問題が起こる→


いやな気持ちになる→


またこんなことが起こった、 

こんな気持ちになったという罪悪感→



その気持ちのまま、

問題の解決法を考えてみたり、

また いやな気持ちになり

ぐるぐると迷走



問題は解決されず、

なんなら

また別の問題が浮上する、



ということが、多かった。




今は、


なにか問題が起こる→


いやな気持ちが起こる→



いやな気持ちを感じきる

(罪悪感は感じずに)→



さあ、今、いい気分になれることは

なに?とじぶんに問いかける



それを実行→


ねこ動画を見て あーかわいいなあ、

と、きゅんとする  とか



村上春樹さんの本読んだり、

樂さんのことばや作品に

ふれるとか →






これを、一日のうち、

なんどもなんども

繰り返しています。




こうしていると現実が

少しずつ動きます、

ほんとに(時間差はありますが)







でも、

そんな都合のいいことって

あるのかな?




あると思えば、

きっとそうなるし、



ないと思えば、

それも きっとそうなる



どちらでもOKで、

どちらを選ぶのも自由。




じぶんが どちらを選ぶかって

だけの話なんですよね。



「なかなかそうはそう思えない」



ということだって、


そう感じている、そのまんまのことが

現実化している…ってこと^_^






そんなこともあって、


わたしが絵を描くときは、


必ず いい気分のとき だけ

 


と決めてます。



そうでないときは、

ぜったいに描かない。



エネルギーは 伝わるから。



なので、いい気分でいること、

はずれたら戻ること、

その戻り方の引き出しを

たくさん持っていること、



は、わたしにとって

とても大切なことなのです。




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html