昨日のこちらの記事→


の続きです。



お稽古で
感動したこと②

これは、
いつも感じていることですが


能楽師の方々の
優れた技量、
プロフェッショナル性

に、
あらためて感動しました。



わたしは今、
熊野(ゆや)という曲の
仕舞(しまい、と読みます。踊りのようなもの)
を習っています。




この曲は、
わずか3分少々


と、すごーく短い。


なのに、なのに、
なかなか、覚えられず!


悪戦苦闘しています。



覚えた後も、

動きをなめらかに美しく、

とか、

表現を高める、

とか、

細かい指導が
待っており、


考えただけで、
気が遠くなり、
(なので、あまり考えない 笑)


永遠に終わらないかのように 、
感じます。






なのに(?)
能楽師の方は、


舞台では、

面(おもて)をかけて
ほとんどなにも見えない状態で、

動きづらく、
重い能装束(重いものだと20kg以上)をつけたまま(そしてすごく熱いのだそう)、


1時間半もぶっ続けで演じる(舞、謡)のですよ〜。


申し合わせという、
出演者全体でのリハーサルも、 
たった一回のみで。





師匠は、

「わたしたちは、
これしかやってませんから」

おっしゃいますが、


いやほんと、
すごすぎます。



記憶力、体力、表現力に、
稽古、舞台のたびに感動します。 



お能は、
舞台を観るだけでも
じゅうぶん楽しめますが、


実際にじぶんがやってみると、

より、おもしろさ、深さを
味わえる。


そして、
能楽師の方々の
圧倒的な技量の高さを
間近で感じられるので、

うちのめされるより楽しめる
と実感しています。




わたしは、
舞台をめざしているわけでは
ぜんぜんなくて、


お能の精神性にふれたくて
入門しましたが、


お稽古をすることで、
より舞台が楽しめる、

舞台を観ることで、
よりお稽古の励みになる


ということで、
相乗効果、かな〜
と思っています。



絵を描くときの集中力にも
つながっていく…とうれしいな♪





今日は、
今年初めての鑑能。


トータルで5時間と
長丁場ですが、


たっぷり能楽の世界に
浸ってきます。


みなさまも佳き一日を。



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる」
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせ☆☆☆


🔸プロフィール、自己紹介★★★