わたしは、

一人でいることを
こよなく好む。


つるむことも、嫌いで。


仲間がほしい、と
思ったこともない。


友だち多いね、と言われることがあるけど、
じぶん自身では、よく分からない。
(だって、どうやって比べるの?)

友だちが多いのが、いいことだとも思わない。
心をゆるせる友だちって、一握りで、いや、
一人だって(←じぶん自身)いのだ。


けど、


何かをしたときも、

何かをしなかったときも、


なんの説明をしなくても、


そこには、
わたしなりの理由が
あるんだろうから、と


ただ ただ、
まるごと、
信じてくれている人がいる。



うまくいっている時も、

いっていない時も、


「ごはん行こう」
って言って、


「美味しいね〜」
って言って、


たわいもない話をしながら、


一緒に、ごはんを
食べられる人がいる。



趣味が合う、とか、
性格が似てる、とか、
長年知っている、とか、

そんな理由じゃなくて。



ことばや、
目に見えるものを超えた
深いところで、

通じ合える人。



そんな人が
いてくれること。


何ものにも変えがたい
 

大切な 大切な、
神様からのギフト。



ありがとう!


Rika