毎日、

そして、

一日になんども開く、
ダイアリーの最初のページには、


心にとめておきたいことば


を毎年書いています。






2016年は、
村上春樹さんのことば


'腹が立ったら自分にあたれ。
悔しかったら自分を磨け'


もう一つは、


'じぶんの機嫌はじぶんでとる。
誰もわたしを不機嫌にできない'


でした。



まわりに、
じぶんの感情を揺さぶられるのは、
(ネガティブなほうにね)


もったいないなーって思うことが多かったんだなあ、きっと。




感情そのものには、
いいも悪いもない。




感情を押し殺して、
頭だけで解釈をこねくりまわして、


無理くりポジティブにする
必要なんてまったくない。




そのとき起こった感情は、
しっかりと味わうこと。


けど、

それを長いこと、
ずるずると引きずる
(=過去への執着)
必要もまったくなくて。




このことばを
意識するようになってから、


感情を味わったあとの切り替えが、
早くできるようになって、


ずいぶんと、
楽になったと思います。




これができるようになると、
集中力もぐんと増すんだなあ、


って、
実感として分かりました。
 








さて、
今年の2017年は、


ミナペルホネンの皆川明さんの
ことばを拝借して、


書きとめました。




一つ目は、


🔹じぶんの喜びに従うこと



 

じぶんが喜んで描くものは、
人も喜んでくれると信じて、

精いっぱいやるだけ。


周りを喜ばせたいと思いすぎると
作為が勝ちすぎる。



二つ目は、


🔹はなうたを 歌いながら疾走する





もともとの皆川さんのことばは、


'口笛を吹きながら疾走する'



ゆるり感と、
前のめり感が同居している
このことば、


いいなあ♡
わたしもそうありたい!
と思ったけど、



わたしは口笛が吹けないじゃん!
でも 鼻歌はよく歌う!


ってことで、
はなうた に替えて
書いてみました。笑




最後に、ちょっと長いけど
こちらも。



できるかどうか
分からないくらいのことを
やるべきだ。

思いついたひらめきや、
経験がない行為について、
できるかどうか
考えることは当然だけど、 

できるかどうかなんて
思う必要もない。

思いついたことが大事。
そこからスタートすればいい。
そこにはまだ可能性しか
ないわけだから。




じぶんを信じること

が、
わたしのキーワードのようだと
書いた冬至の日。


それを象徴するような
ことばたち。



さて、
来年の今頃は、

どんな風に
振り返っているのでしょうか。



今から楽しみです。






花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html