花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡





フレッシュで楽しんだあとも、

お楽しみが待ってるって、

なんて幸せなこと。


トゥルシー: 丹波しろたろう農園さん
スターチス:いかりスーパーの見切り品コーナー(笑)



昨日のうれしかったこと。


大切にしてたブレスレットが、
先週から、行方知らずになっていた。


大切にしてたはずなのに、
大切にしてなかったんだなあと、
ちょっといじけてたら、

届け出てたところから
「ありましたよ」
との 連絡あり!


やったー!


よろこびのあまり、
思わず電話口で飛び上がるわたし。


10cmくらい宙に浮いてたな、
きっと。


神戸レガッタ&
アスレチッククラブさん、
ありがとうございました。


今度こそ、だいじに。


人生の半分は
探しものの時間。



malrikart  
花のいろアーティスト♡Rika

e-mail:
malrikart@gmail.com


アーユルヴェーダのオイルケア。


自宅でかんたんにできて、
カラダがよろこんでいることを
実感できるから、

わたしにとっては、
もはや、歯みがきのような存在。


ズボラなわたしでも、
かれこれ7年くらい?
続いています。


わたしは、
火のエネルギー(ピッタ)
が やや強めで、

風のエネルギー(ヴァータ)
もある、複合体質。

(水のエネルギー『カパ』は弱めです)


毎朝、全身のオイルマッサージには
おもに

セサミオイル(太白ごま油) 
または
ココナッツオイル

を使っています。

(便宜上マッサージと書いてますが、
強く揉んだりこすったりはせず、
オイルを塗ってカラダに浸透させる感じです)





寒いとき、カラダが冷えているとき、
肌が乾燥しているとき
(ソワソワして落ち着かないとき、
外出が多いとき、新しいことをするとき、
緊張感が強いとき、
人のことが気になりすぎるとき、
などにも効果的)

は、セサミオイル

暑いとき、
カラダに熱がこもりがちのとき
(イライラするときや、
人に対して批判的な気持ちになってしまうとき
などにも効果的

は、ココナッツオイル。


使う比率は、

ココナッツ:セサミ= 6:4

くらいかな。


この時期はもっぱら
ココナッツオイルなんですが、

先日の とある日のこと。


たまたま、
ココナッツオイルが、
マッサージ1回分にも満たない量に
なってしまい、

ひらめいて やってみたのが、

カラダの
半分をココナッツオイルで、
半分をセサミオイルでの
マッサージ。


マッサージのあとは、
必ずあたたかいお湯でシャワーを
浴びるのだけど、
(カラダをあたためて発汗させ、
老廃物を体外に流しまう出すため)

もう、塗ってる段階から

左右で体感が
まったくちがう〜!!


ココナッツオイルは、
するりとカラダに入っていき、
すっきり、軽やかな感じに。





セサミオイルは、
重くもったりした感じ、
カラダの熱が抜けきれない感じ

なのでした。



なぜ、この写真(笑)…マロン、ゴメンよ〜


もう、ほんとね、
笑っちゃうほど、
アーユルヴェーダの理論のまんまで。


わたしがピッタが強い体質で、
季節的にも年齢的にも
ピッタ優勢の時期

ということもあるけど、

ここまで はっきり感じられるとは
思ってなくて、びっくりでした。


あらためて、
オイルのチカラを感じたのと、

自分のカラダのこと、
内外の環境のことを
キャッチして、ケアすることは
だいじなんだな〜ということ、

そして、自分自身のカラダと
ココロが実際にどう感じるのか、
を感じとろうとすること
が大切だということを、

再確認できた できごとでした。


それと!


知識を得る、理論を学ぶことは
もちろんだいじだけど、
危うさもあるということも。


たとえば、上で、
アーユルヴェーダの理論のまんま
と書いたけど、

アーユルヴェーダ(の専門家)が
言ってるから、
そうか、そうか、そういうものね、と
わかった気になって、

自分自身が感じることを
おろそかにしてしまう、

なんとなくその気になってしまう、
って可能性あるから、ね。
無意識レベルで。


疑わず、
鵜呑みにせず、
確かめる、

ようにしたいですね〜。


あれから、2日経ったけど、
まだココナッツオイル、
買ってないわ〜


ズボラなわたしは、
そのまんまでございます。




malrikart  
花のいろアーティスト♡Rika

e-mail:
malrikart@gmail.com




ぐずっとした朝の空も。


梅雨らしくって 
きらいじゃない。


今夜は満月🌝見られるかな。




廣田神社の狛犬さん



そして、明日は夏至。


まだ夏はこれからというのに
もう日が短くなるなんて、
ちょっぴりせつない感じ。


ていねいに
この時を感じて過ごしたい。





先日行った、
山本能楽堂のある
谷町四丁目エリアは、

わたし好みの
インドカレー屋さんが多い。


イロイロさんもその一つ。


インスタつながりの方に
教えていただいたお店♡


ていねいに作られたことが
伝わってくる とっても
やさしいお味です。


一年でもっとも消化力が弱まる夏でも、
おなかにもたれず、
食べられそう!


malrikart  
花のいろアーティスト♡Rika

e-mail:
malrikart@gmail.com








昨日は、
大阪・谷町四丁目にある
山本能楽堂にて、
朝活ならぬ、「能活」
に参加しました。




各回ごとに、
能の作品についてのお話と、
仕舞、謡のパフォーマンスが
観られるワークショップ。


講師は林元大先生。
わかりやすくて、楽しくて、
よかった〜!


能楽師の方々って
どうしてあんなに
お話がおもしろいんだろう…


とは、いつも思うこと。


入門したての私だけど、
お能の世界にすっかり魅了されている。


初心者ならではの感覚で、
お能の魅力を
少しずつ伝えていけたらいいな。


わたしが、
お能に惹かれる理由の一つは、

余計なものが削ぎ落とされ、
非常にシンプルでありながら、

動作やことば、鼓のポンッという音、
どれ一つとっても、
その一つひとつが
とてつもなく美しいということ。


舞台装飾や道具など、
ほとんどないので、

自然とそこに集中する(昔は寝てた🙊)のかもしれないけど、

とにかく
理屈ぬきに 圧倒的に美しい


修練され、
代々受け継がれ(お能の歴史は650年)、
研ぎ澄まされた
美しさの根底に流れるものを、

少しずつ感じとりたい。


伝統芸能であるお能や
古典文学のなかに、

アートを通して
私が表現したいものの
の根っこの部分、

どのように
わたしのこと、
わたしの描いた絵を、
知ってもらうか、

アーユルヴェーダを
どのように伝えていくのか、

などについての大きなヒントが
あることにづいた。


日々、本当によく目にする

「売れるためには〜」

「セルフプロデュースのために〜」

「心のブロックを解放して〜」

などの一人起業に向けられた
SNS情報の中には
残念ながら ない(私にはだけど)


↑ない、というより、
これらの手法(?)に
わたしが感じ続けていた
違和感の正体が、
古典の中にありそうだ。



恋愛や夫婦関係、人間関係などの
悩みがある方の ヒントにも
なるんじゃないかしらん。

ヘタな啓発本より、
古事記を読むほうがよっぽどおすすめ。


話がそれました。



山本能楽堂では、
お能だけでなく、
現代劇とのコラボレーションなど、
ユニークな取り組みもされていて、

7/10(土)には、
なんと人間国宝の梅若玄祥氏のお能(事前解説とアフタートークつき)も
開催されます!



 小規模な空間で、客席も少なく、
間近で観られていいですよ!








帰りにガチャガチャで能面根付なるものをゲット。私はすぐに食いついたけど、かなりニッチやね、これ↓




malrikart  
花のいろアーティスト♡Rika

e-mail:
malrikart@gmail.com


昨日の朝の
おいしい いろ、

いろいろ♡


切っただけで、満足しそう。


うちから 
スープの冷めない距離にある
芦屋CAさんのお野菜。


美しいフォルム
&
切る音まで 心地いい
福岡・糸島Kurumianさんのまな板






香りも味もパワフルなハーブを育て、
山羊も飼ってる😳
神戸・山羊堂さんの
コリアンダー(パクチー)




「これは誰々さんのところの!」

って

食べものの向こう側にある
景色を見るのが好き。


自然のめぐみがあって、

育てる/作る人がいて、
運ぶ人がいて、
それらを心をこめて
販売する/伝える人がいる。


そのことがあって、
はじめて 私は
食べることが、使うことが、
できている

…ということを
しっかりと感じられるから。


一昨日の夜は、
Eat Local Kobe ファーマーズマーケットの主催者さん、出店者さん、関係者さん
方とのMeet up。


たくさんの方々としたお話のこと、
あれこれ かみしめながら、
いただきました。


今日は、
ファーマーズマーケット。
春、最後の開催です。


ほんとにほんとに
ステキな出店者さんと、
おいしい食べもの、飲みものに
出逢えますよ〜。




マイバッグ持参でいらしてね

malrikart  
花のいろアーティスト♡Rika

e-mail:
malrikart@gmail.com

↑このページのトップヘ