🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸

「 暮らし 美しく」

の その先へ

アートは暮らし
暮らしはアート

🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸



今年の初めに
こんな記事を書いていました→


 2018年は、
冬至で決めた大枠のことを
立春までに明確に、
新調するものや整えるモノやコトも立春までに準備して、
2/16の旧正月から裏新年(笑)をスタートすることにしました。


そんな経緯もあって、

立春までにお迎えしたいと

検討していたものの一つが、

ホーロー鍋。


長年使っていたお鍋の

取っ手が取れてしまいまして…


あと、温野菜を毎日もりもり食べるので、

美味しく調理できる機能のものがほしかった


ホーロー鍋といえば、

有名な海外メーカーの

S社やL社などもあり、


HPを見たり、

お店に行って

店員さんのお話聞いたり。


最終的に決めたのは

バーミキュラ。

メイド・イン・ジャパンのお鍋です。


カタログもとてもすてきで、

わたしのドストライクゾーン!


写真と言葉を通して伝わってくる

バーミキュラの世界観に

ひきこまれました。


FullSizeRender

その日から、野菜が主役になった。


FullSizeRender

目指したのは、

世界一、本来の味を引き出す鍋。


FullSizeRender暮らしを変える鍋。


持ち主が、

そして、

持ち主の暮らしが、

美しく豊かでいられることを

予感させてくれるお鍋。


そして、
お鍋そのものもまた、
圧倒的に美しく豊か。


わたしも、
花のいろアートも
そんな風でありたい♡

と思わせてくれるお鍋。


お迎えする日が楽しみです。

また、
こちらで報告しますね。

バーミキュラのことがよく分かる
記事↓


『バーミキュラ』みたいな綺麗なものを作っているんだから、こういうものを作るには綺麗な工場じゃないと絶対出来ない、その辺にガムテープがポンと置いてあったりだとか絶対やるな、って。
こういう意識も、素晴らしいと思う。

***

余談:

色とサイズを決めたとたん
こんな情報が
飛び込んできました。


FullSizeRender

なんちゅう

タイミング(*゚∀゚*)


この番組の放映後に決めてたら

(って見るテレビを持ってませんが…

どなたか見たら感想聞かせて下さい♡)


きっと予約が殺到、

手元に来るのは

ずっとずっと先になってたなー。

花のいろアーティスト 梨里



ここ2ヶ月くらい、

おうちごはんの日には

ほぼ毎日、

土鍋でごはんを炊いています。



FullSizeRender

土鍋で炊いたごはんの美味しさ!あーうー!



それまでの土鍋といえば、


冬のお鍋、

夏の豆乳ヨーグルト作り

がメイン。


ごはんを炊くのは、

もっぱら炊飯器で、


土鍋で炊くのは

ほんとにたまーにでした。



毎日土鍋で

炊くようになったきっかけは、


ゆにわ ちこさんの

こちらの本。






昨年11月終わりに

図書館で借りて読んで。


こんなにも

お米に、お水に、お塩に、

愛情こめて

ていねいに炊くって

なんてすてきなんだろう!


わたしもマネしたい!


と、思いました。



ごはんを炊くという

日々の行為も、


心の向け方一つで、

惰性的なルーティンにもなるし

ご神事にもなる。


ありがとうの気持ちを持って、

一つひとつの動作を

ゆっくりと、ていねいに、と

意識しながら炊いたごはんは

(でも本来はがさつなのでぎこちない 笑)


あまりにおいしくて♡


本当に

びっくりするくらいの感動でした



とはいえ、

おいしいことは

おいしいんだけど、


毎日土鍋でって

どうだろう?続くかな?


なんて思いながらも

続けてみたら、


おいしさ>手間


今のところは

おいしさの方が勝っている

ようです



手間と信じ込んでいたこと

(目が離せない、火加減が難しい、洗うのが面倒etc.までが、

難なく思えてきたからふしぎ。


食いしん坊、バンザイです。



わたしは、

朝ごはんを食べないので、


朝に炊く時は、

オットの朝ごはん用と

夜のぶんをあわせて

1.5〜2合炊いています。

 

残ったごはんは、

炊飯器に入れ替えて

夜まで保温することもあるし、


そのまま土鍋に入れて、

濡れたサラシをかけておき、

食べる直前に

温めることもあります。


(サラシをとって、霧吹きで水をごはんにかけてごく弱火1〜2分。火を止めてしばらくそのままにしておくと余熱で温まります。空焚きの影響もなし


あるいは、


冷めたままでも、

土鍋で炊いたごはんは

おいしい ♡




FullSizeRender



土鍋は、

前にも紹介した

ほぼ日土鍋を愛用しています。



土鍋って、


ぼてっとしていたり、

好みの柄や色がなかったり。


意外とステキなデザイン、

フォルムのものに

なかなか出逢えない


そんなこと、ないですか?


わたしは、そうでした。



でも、

ま、こんなんでいっかーって

妥協して買いたくなくて。



そうこうしているうちに
2年くらい経って、
忘れた頃に出逢ったのが
この土鍋でした。


一目ぼれして、
この記事を読んで二度ほれました



置いておくだけでも(*´∀`*)
うっとりしますが、

これから、ますます出番が
多くなって
活躍してくれそうです(╹◡╹)♡



花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート

地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます

🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html










IMG_9607


花のいろアート

春いろ・花まり



週末は、

所用で久々の東京でした。



東京に行くと必ず立ち寄る

このブログではお馴染みの!?

森田さんのサロンKamidokoにお邪魔してきました。





IMG_5422




店内は


桜満開🌸

春いっぱい。




大寒の候に入ったばかりですが、

春いろのぬくもりに包まれました。



いつ来ても、


お花も緑も

いきいきしていて

うれしそう。



生ける人のこころが

届いてるのでしょう。



在り方をまた一つ

学びました。




二日間の滞在で歩いた距離は、

ちょうどフルマラソンくらいの長さ



ヘトヘトになりました!




でも、

こうして歩けることって

ありがたいことなあとつくづく。





寄り道散歩スポット↓





IMG_5417


白山神社 




IMG_5416
                      明治神宮





IMG_5413
                  白金高輪のカフェ



ハーブティーのメニューに

アーユルヴェーダの文字が!


見たら

頼んじゃうよね〜



で、こんな感じのやりとり。


わたし:「アーユルヴェーダをお願いします。」


店員さん:「はい。

アーユルヴェーダですね。」


「アーユルヴェーダ入りまーす。」


店員さん「アーユルヴェーダ一点でお会計○○円になります」



なんだか変な会話(笑)


けど、


アーユルヴェーダが浸透しつつある

のかも?と感じられて嬉しかった

ワタクシ。




花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート

地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html







そうそう!
うん、うん!

大きく頷きながら、

へ〜
そんなステキな気づき〜が!

と、ワクワクしながら、

読みました。


のバレットジャーナル活用記♡↓


すてき♡

Kyokoさんの記事にもあった
夢日記。


わたしも、

ブログでも何度か紹介している
森井先生のご著書を読んで、
つけ始めました。


もちろん、
バレットジャーナルでね♡





*Amazonでは
現在1〜2ヶ月待ちのようですが、
きれいねっとでは、
すぐに配送していただけます。



夢は無意識から心理が伝えられる
手段の一つ…

私たちは、日常生活で魂の向上を目指すのと同じように、夢の世界を利用して魂の向上を目指すことができます。
 
夢を本当に活用できれば、いくつかの階層からの知恵を物質世界に持ち込むことが可能となります。まずは夢分析。夢を記録することから…
       〜「君が代から神が代へ」より



今年はバレットジャーナルで!
という人がわたしの周りは多くて、

みんな、楽しそうに
活用している様子!


そんなお話を聴くたび、
わたしも楽しくなります



IMG_5385

ロイヒトトゥルム。


つい開きたくなる
愛おしいノート。

とっても
頼りになる相棒です。


今日出逢ったステキなことば:

世界は美しいと決めてしまえば
その証拠が集まってくる


こんな気づきもメモしてます。


花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート

地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html



先日、
久〜しぶりに
伊勢神宮へ参拝してまいりました。


IMG_5339
              外宮入り口の松


前日夜に、ふと行こう!と決めて、
ほぼ無計画で行ったのですが、

後から振り返ると、

起こったこと、
タイミング、

すべてがあらかじめ設定されて
いたかのような完璧さでした。


直感を信じてよかった!と
思えるようなこと、
不思議なできごと、

片手ではおさまらないほど
ありました。

このお話は別の機会にでも。


おもしろかったことの一つが

伊勢神宮内宮の正宮に
お参りに行った時のこと。

ちょうどわたしが
正宮の正面階段を登りきった
ところで、

警備員の方々から

「止まってくださーい」
「動かないでくださーい」

と、大きな声で
参拝客に規制がかかりました。


なにごと?と思った次の瞬間、

正宮の中央正面奥から、
宮司さんや禰宜さん、
白装束をまとった神職の方々が、
ぞろぞろと出てこられました。


静謐で厳かな光景。


途中、びゅーっと強い風が吹いて、
奥の白いのれん(←なんて言うの?)
が吹き上がって
中の様子も垣間見ることができたり。


どうやらご神事が終わった瞬間の
場面に出くわしたようで
後で調べたら、こんな記事が
出てきました。

神様の新年宴会ですって
なんだか楽しそうですね♪


宴会後の神様は
きっととってもいいキブン(?笑
でおられるはず♡

そのいいキブンのエネルギーを
分けてもらったんだわ
と、妄想しながら、

あの場にいられたことに
感謝したのでした。


実は、
この日の朝は、

行きの電車内で
読んでた本に夢中になって
乗り換え駅に気づかず、

乗り過ごしてしまっていました。

陸王
池井戸 潤


この本のせい(笑)


そして、その後、
ふらっと寄り道なんぞも
したりしていたのですが、

そんなことも、

あの瞬間、あの位置で
居合わせるための
時間調整だったかのように
思えてきます。


直感をもっと信じていい

頭で考え過ぎないように

というメッセージだと
受け取りました。


新年会といえば、

もう一つ、
翌日の朝は


とで
新年のゆるい会。


ゆるい会は、
思ったこと、感じたこと、
考えていることを
そのままに話せて、

お互い
依存することなく、
比較することなく、

安心感と '楽しい!'がいつもある。

わたしにとって
遊び場のような存在。


本当にありがたいなーと
感じます。

そして、
夜もまたまた新年会。
オットとお祝いをかねた夜ごはん。

近々、
わたしたちにとって
大きな波が来そうなこともあり、

その波に楽しく乗れるよう、
予祝をしてきましたよ。

この新年会二つも、

前々日という
ショートノーティスで
スムーズに決まったこと。


「直感で動く」は
わたしの今年のキーワードの一つの
ようです。


直感で動いた先の景色を見るのも
また楽しみです。

花のいろアーティスト 梨里


↑このページのトップヘ