花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡













わが家のアボカドの木に
インスピレーションをもらって。


食べ終えたアボカドの種を 
土に埋めてたら
すくすく
元気に育っています。







向かって左のが(画像切れてる…)
アボカドさん♡


花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html






サルスベリの
鮮やかな色彩が 
朝ラン中に目に留まりました。


まだまだ夏はこれからですね。




今日は、
ご縁あって出逢った
小林健先生のすてきな本を
ご紹介します。






Ken先生のことを
知らなかったら、

タイトル見ただけでは、
たぶん手に取ることの
なかった本。




長生きなんて
したいとは別に思わないし、



ミラクルヒーリングって
なんだかなぁ〜って感じだし。



でも、
先日のこの記事



の中で
ご紹介した船瀬俊介氏の本↓





に登場するKen先生が
気になっていて。



ブログを読んで♡

本を読んでさらに♡♡


なんて
すてきな志を持たれていて、
チャーミングな方(77歳)なのだろうと、
お会いしてないのに
惚れそうな勢いです(笑)



Ken先生は、
NYで、今なお現役で
大活躍されている
自然療法医師であり、
特殊な能力を持たれている
マスターヒーラー。


鍼の施術は、
なんと2歳の時から
されていたそうです。


動物や植物とも
コミュニケーションも
出来てしまう♡





これまでの人生の中で
臨死体験は5回。



50歳のときには、
ご自身が悪性リンパ腫の
ステージ4b(4期の後期)にも
なられて。


7人のガン専門医に診てもらったら

「あなたは抗ガン剤も拒否するし、
リンパだから手術のしようがない、
絶対死ぬ」

と全員に同じことを言われたにも
関わらず、


7週間後には
「ガンが消えている」と
医師をびっくりさせたという
エピソードも(20年間再発なし)。

本の中には
どのようにして治されたのかが
書いてあります。



わたしが
一番すてきだと感じたのは、

Ken先生の治療の根底にある

「人間に病気はない」

という思想。


「私たちを困らせる忌むべき災難で、
早急に取り除いたり闘ったりしないと
いけないもの」という意味での
病気は本当は「ない」」
〜本文より






先生は、
毎朝起きたら

「わお、ハッピーバースデー」

と思って起きるんですって。

そうすると
私たちの素粒子のもととなる
素性(そせい)=すべてのおおもと」が、スイッチオン♪するのだそう。



「毎晩私たちは死んでいるように
眠っている。
内臓がほとんど眠っている時に
実は心臓も80%は休んでいる。
だから言ってみれば起きた日が誕生日。
…1日を一生と考え、朝の目覚めを
「誕生」と考えればよい…」〜本文より








わたしも、
このことを教わってから
真似して


「わお、ハッピーバースデー」


と毎朝言うようになりました。


言葉のチカラは大きい!


なんだか楽しい気分になり、
1日がスタート出来る、
と思えるから不思議です。



毎日が誕生日!

そう思いながら
色鉛筆も持つことに。






そんなKen先生は、
来月、静岡で来日講演される
そうですよ。

想像する以上に
大きなご使命があるように
感じました。


わたしは早速申し込みました!
また、シェアしますね。



Ken先生のご著書は、

療養中の方はもちろん、
ちょっと調子がすぐれないという方や
健康な方も、


じぶんと
じぶんの大切な人のために、
人生を豊かに生きるヒントを
もらえるのではないかなと
思います。





↑この本の第2弾 
吉本ばななさんとの対談も
おもしろかったです。






花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html








今日は、
小豆とバナナを使った
美味し〜い
スムージーのご紹介です。





使うものは


豆乳(成分無調整)
バナナ(輪切りに。少し凍らせても美味しい)
ゆで小豆(凍らせておいたもの)
すりごま
ハチミツ(お好みで)


ゆで小豆さえ出来ていれば
作り方は
とってもかんたん。



ブレンダーに
上記の材料を適当に入れて
ガーッとするだけです。



これがねー、
めっちゃ美味しいのです。



豆乳の独特の
豆くささがちょっとという人にも、
気にならならなくて
いいんじゃないかなー。



小豆は

砂糖を入れずに

茹でるのがミソ。


カロリーや糖質も
気になりません。



凍らせておいても
豆同士が
がっちり固まらないので、


タッパーで保存しておいて、







スプーンで
使いたい分だけ
すくえばいいから


何かと使いやすいですよー。



小豆には、

腸内環境を整え、
美肌にもよい成分が
たっぷり。


むくみが気になる人にも
おすすめです。




バナナとすりごまで、
甘さは十分かもしれませんが、


足りないなーという方は、
ハチミツをお好みで。



ハチミツには、
一緒に摂るものの成分を
すばやくカラダの奥深くまで
運んでくれるという
特殊作用(アーユルヴェーダではヨーガヴァーヒという)があることを
お伝えしておきますね。



すりごまのかわりに
きな粉でも
美味しいよ、きっと。



この夏、


朝のいっぱいとしても、
小腹がすいたなーというときも、
食欲がわかないというとき
などにも、


ぜひ、
お試し下さい♡







花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html





日ごろより

花のいろアートをご覧下さり、

誠にありがとうございます。




このたび、

応募していた

2点の作品が入選しまして

下記の作品展に

展示されることになりました。












在廊予定は未定ですが、

東京近郊にお住まいのみなさま、

この時期出向かれるご予定のみなさま、


この機会に

お立ち寄りいただけたら

嬉しいです。


(会場は、話題のギンザシックスからも

歩いて数分♪わたしも行きたい!)




主催は、

銀座で創業100年の

月光荘画材店さん。



純国産第一号の絵具を生み出され、

数々の素晴らしい画材を

すべてオリジナルで製造販売

されています。



子どもが色にふれる

初めてのときこそ本物を、

という志にもとても共感しています。



わたしも、

こちらの自然素材で作られた

色鉛筆を使わせていただいています。








なお、

会期中ご来場いただいた

みなさまのご投票により

月光荘賞が決定されます。



そちらもぜひぜひ

よろしくお願いいたします♪










月光荘ムーンライト展 2017🌛✨


【会期】

平成29年8月7日(月)8月13日(日)11:00〜19:00(最終日は16:00まで)

【会場】 

🔸月光荘画室1 :中央区銀座8-7-2永寿ビルB1F

🔸月光荘画室2 :中央区銀座8-7-18月光荘ビル1F

🔸月光荘画室3: 中央区銀座8-7-5金春ビル4F


上記会場のいずれかにて展示予定


お問い合わせ:

月光荘画材店/03-3572-5605

HP: http://gekkoso.jp/


花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html




昨日の記事、
たくさんの方に
お読みいただいたようで、


アクセス数が
多くてびっくり。


みなさん、
関心の高い分野なのですね。


ありがとうございます。




さて、
今日は、
奈良県橿原市にある
藤原宮跡に蓮を見に行ってきたときの
画像をシェアします。


蓮の花は、
いろんなところで見てきてますが、

今までで最もよかったかも!



蓮との距離がとても近く、
よく見えて、
蓮とお話もよく出来る。


毎年訪れたいです。

























美しいものを見ていると
わたしも
美しいエネルギーを纏えそう♡

























なんて不思議な光景!


葉を突き破って
咲いたのか、

穴が空いていたところを
くぐり抜けて咲いたのか?


聞いてみたい(笑)











百人一首に出てくる
天香久山も眺められます。




今どこにいるのか、
いつの時代にいるのか、
ふと、分からなくなる。




最後に
わたしの大好きな
ティク・ナット・ハンの詩を。
 

 蓮と言えば

この詩のことが思い浮かびます。



「かつてベトナムでは、人々はよく蓮池に小舟を出して、開いている蓮の花の中に少量のお茶の葉を入れたものです。



夜になって蓮の花が閉じたあとは、お茶の香りが一晩中漂いました。



翌日の早朝、まだ露が葉に残っているような時間に、友人と連れ立ってお茶の葉をとりに行きます。



船には必要なものがすべてそろっています。新鮮な水、水を沸かすコンロ、茶碗、急須。



それから朝の美しい光の中で、お茶を淹れます。蓮池の上でお茶を飲みながら、午前中をまるまる楽しむのです。


ティク・ナット・ハン 「禅的生活のすすめ」より



自然からたくさん

美しいエネルギーを

おすそ分けしてもらったので、


作品を通して

循環させてこ!




花のいろアーティスト 梨里

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html




↑このページのトップヘ