花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡



わたしの手と扇。photo by 師匠(*^_^*)


本日、能稽古の日。


月2回、
身体を通しての精神の学びは、
今のわたしにとって
本当に本当に、尊い時間。 



たった一時間だけど、
時が経つのも忘れて
完全にのめりこんでいる。



稽古が終わったあとの、
なんとも言えない
あの、満たされている感覚。


日々の生活の中では
なかなか 味わえない感覚。



うまく言えないけれど、


わたしのなかにある、
じぶんでもよく分かっていない

深く闇に包まれた部分、
かたくなな部分、

の扉を
やさしくノックし、


ほぐしてくれているような。


大切な なにかを
取り戻しているような。





稽古前は、
ダリ展で、ダリと遊び、


友人と友人の赤ちゃんに会い、

カラダの内側が
熱くなった一日。





でも、カラダの外側は
うそみたいに
涼しかった京都。


花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika





オーダーいただいていた案件が
一つ 山場を超えた。




フライングして 平日のおうち飲み


わたしが 絵を描くとき、

なかでも、

ご依頼いただいたものを
制作するときに、


決めていることが
いくつかあります。


そのなかで、
ぜったい、ぜったい、
はずせないのは、


「気持ちがのらないときは
進めないこと」


「気持ちがのらない」

というと


気分屋のようなイメージ(?)


(会社員時代はもちろんこんなこと
言ってられませんでしたが)


表現を変えると、


心身の状態が
バランスよく、
コンディションがよいときに
描く


ということなのですが。



わたしの思いやエネルギーは、
そのまま、わたしが描く絵を通して
お客様に伝わるものと
思っているから。


正のエネルギーも、

負のエネルギーも。



なので、
すこしでもよりよい
コンディションでいるために


やること、やらないこと、
儀式的なことなど、
ふだんの生活のなかで
かなり決めごとを しています。



ストイックとか修行僧みたいと
言われることもあるけど、
なんのその。


本人は、
わりと楽しんでいたり、
たまたま体質的に合っていたり、


という感じです。


やってる(やらないでいる)じぶんに
酔っているとも言う


(4時起きとか、朝ランとか
テレビを見ない←というかテレビがないとか)



根幹を支えてくれている
大きな存在は、

やっぱり

アーユルヴェーダ。


なかでも、
ディナチャリア(一日の過ごし方)
は大きいです。




 








花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika

































友人に送るために描いた一枚。
ポストカードサイズです。



先月のはじめくらいから、
エッグアート(ピサンキ)の
制作に使っていた生たまご
カラダが反応するように
なりまして。(かゆかゆ〜)






食物アレルギー専門の
研究、仕事をしている友人に
聞いたりもして、


当面は、生のたまごから
距離をおくのがよさそうです。


エッグアートの制作は
当面はお休みです。



いろいろありますね〜。



ちょっぴり残念ではあるけど、
常に変化しているカラダを思うと
愛おしい。


今、わたしができることに
集中しよっと思います。



さあさあ、
朝抹茶でスタートです。





みなさま、よい一日を!

花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika











5 ぶりくらい(?)に
Asicsストアにて、足型計測♪



わたしは、
ショッピング同行で、


特に買う予定もなく
店内のすてきなウェアやシューズを
見ていたのだけど、


お店の方が
「よろしければお客様もいかがですか?」
とお声がけしてくださって  







出てきた測定結果データを
見てみると、


外反と右足かかとのねじれが
大きくあるようで、
気になるな〜。


でも、一番気になったのは、
足のサイズ。


私に合う
ランニングシューズのサイズは

ま、まさかの、

25.5cm

(ちなみに身長は162cmです

えーっ

とびっくり。
男か!


今まで、24cmか
大きくても
24.5cmだったので。


半信半疑で
おすすめモデルの
25.5cmのシューズを
履いてみたら、

これまた ぴったり フィット、で
二度 びっくり!



わたし、伸びざかり〜(!?)


まだまだ、
進化しつづけます




花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika



抹茶率の高いおうちカフェ、な今日このごろ…



Q:
「能役者として長く演じてこられて、お能の魅力をどんなところに感じられますか?観客に伝えたい魅力はどんなところでしょうか?」



A:
「究極なまでにそぎ落としてそぎ落として、長い年月をかけて受け継がれてきたなかにお能の美しさがあります。

まず、師匠の教え通りに、美しく正しく演じること。

そして、
『じぶんの感性を信じて』演じること、観る側も、ただ、『じぶんの感性を信じて』観ること。

なにか舞台から盗んでやろう、得てやろう、という気持ちは持たずとも(一度も持ったことはありません)、

じぶんの個性を出してやろうなんて思わなくても、自然にじぶんのなかからあふれてくるもの、見えてくるものが必ずあります。

だから、観てくださる方も、ごじぶんの感性を信じて、素のごじぶんそのままで、舞台に来ていただけたらとおもいます。

舞台の上で繰り広げられる世界と、ご自身の人生の経験とを重ね合わせて観ることができたり、じぶんを振り返ってみたり、自由に思いをめぐらせることができたり、お一人おひとり、それぞれにとって素晴らしい時間になると思います。感じるままに感じる、それがお能の魅力です。」


○○○


昨日は、
山本能楽堂にて


人間国宝の至芸を見る!楽しむ!体感する! 梅若玄祥(梅若六郎家56世現当主)の舞台「鉄輪」





これだけでも、
関西ではめったにない機会。


さらに、アフタートークで
玄祥先生にQ&Aしていただけるという、
これまた貴重なコーナーがあった。



進行の能楽師さんが、事前に質問を受け付け、そのなかのいくつかをピックアップし、玄祥先生に投げかけるという流れだったのだけど、


わたしがした質問が、

すごくいい内容なのでぜひ直接先生に

ということになり( ̄▽ ̄)

(そうかな、ごく普通だと思うけどと、思いつつ)


僭越ながら、冒頭のやりとりを
させていただいたのだった。



ふりかえれば、
なんとまあ、
貴重な機会だったのだろう…


あとになって、
今朝になって、

じわりじわりこみ上げて
きている。



宝物の時間。






きっと、
これからもっと
お能を深く味わうようになるとともに、
先生のおっしゃることが
実感できるようになるんだろうな。


それもまた楽しみ。



じぶんの個性を出してやろうなんて思わなくても、自然にじぶんのなかからあふれてくるもの、見えてくるものが必ずある


じぶんの感性を信じること


この二つは、
絵を描くときにも
思いを重ね合わせてみようと思う。








花のいろアートのオーダー制作
アーユルヴェーダレッスンのご依頼は、
こちらから→


プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html


malrikart
花のいろアーティスト♡Rika










↑このページのトップヘ