花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡


昨日は、

友人でトータルセッション未知なき道主宰の横山玲子さん
お声がけいただいて、


同じく、友人で書家の翠恵さん と、
Happyさんの「世界は自分で創る」DVDを観る会に参加しました。





お二人とも、もう記事をアップされてます。早い!


玲子さん→

翠恵さん→



Happyさんの発信される
メッセージの軸には、 


世界は自分で創る

あなたが良い気分でいること以上に
大切なものは何もない


が常にあります。


これを、
徹底して体現してこられた方。



わたしも、道半ばですが、
実践しながら少しずつ体得しているところです。


Happyさんについてのわたしの過去記事。こんなのを書いてました→






さて、DVD鑑賞会。


いや〜、
まさに、タイミングといい、内容といい、今のわたしにぴったり、でした。



昨年の冬至の会で、
来年の抱負について語り、
よーし、さっそく行動


と思って、
意気込んでいたのですが、



どこか、しっくりこない。


ていねいに、
そのしっくりこない気持ちを
紐解いていくと、


行動する前にやることがあるんじゃないか、

じぶんの軸、思考を徹底的に見つめなおし、ブレないようにすることが先じゃないか、

ということに、思い至りました。



そして、
その一つのとっかかりとして、

溢れかえる情報や
人の意見や考えに惑わされず、
自分に集中したいと考え、


12月27日から、facebook上の
プライベートの投稿と閲覧を
しばらくお休みすることにしました。





携帯からアプリもはずし、
かんたんには見られないようにするという徹底ぶり^ ^。

1/4まで全く開きませんでした。



今も、アプリははずしたまま。
今までの一日に見る時間が1時間だったとすると、今は5分にも満たないと思います。



これ、
すごくわたしには効果的でした!



タイムラインに流れてくる
投稿をなんとなく見ていたことが、

無意識のうちに、
心に影響を与えていたんだな、
と、感じます。



facebookをほとんど見なくなった分、
朝晩の瞑想の時間が増え、


ちょうどその頃に出逢った本が、
まさに、わたしの思考の軸を
強化してくれるような内容だったので、


写経しまくりながら、
思考を習慣化するトレーニングを
しているところです。






DVDの中でも、
Happyさんは
繰り返して言っています。


行動の前に
まず感じ方(意識、思考ということばでも表現されてます)
を変えること


そして、

とにかくじぶんが
いい気分でいることが、
なによりも大切だと。

 
啓発セミナーや
コンサルなんかでは、まず行動行動、
言われることが多いけど、


じぶんの軸がフラフラして
かたまっていないうちに、 
行動してしまうと、

うまくいかなかった時に、

ああ、またできなかった、
わたしはやっぱりダメなんだと
自己嫌悪に陥り、

ネガティブなエネルギーが大きくなり、動けなくなる etc. 


続きは、割愛しますが、
大いに共感しながら(うなりながら 笑)
聴きました。

(内容的にはブログでも知っていましたが、彼女自身の言葉で聞くと、エネルギーが強く伝わってきますね)

本当にありがたい時間。



DVD鑑賞後も、
それぞれの感想や、
じぶん自身の今や未来に引きつけて、
思うことをたくさん話して。



アーティストとして生きていく(生業とする)!

は、わたしのイマイマで、決めていること。





でも、ついこの前までは、
なんかしなきゃ、なんとかしなきゃ、
なにからしようか、と、


行動の方ばかりフォーカスしようとしてたんですよね。

もっと正確に言うと、
思考も行動も
どうにかしようとしながら、

両方中途半端だった、
という感じでしょうか。



ちなみに、Happyさんは、
他の人のブログやfacebook、
本を読むことを
7ヶ月間一切しなかったそう。


その間に、
じぶんがこれと思う本に
フォーカスして、
徹底的に思考をかためたとのことでした。


わたしは、冬至の会後に、
ようやく気づいて、 
取り組み始めたばかり。


まだ約一ヶ月しか経っていませんが、
それでも、少しずつ実感しながら、
じぶんのものにしている感覚があります。


じぶんの前を歩いている方がいること、こういった試行錯誤の過程についても、
すべてオープンに話せる
友人がいてくれることに、

感謝な一日でした。
  


わたしが気分よくいられる究極の時間は、やっぱりこれだなあ。


花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる」
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせ☆☆☆


🔸プロフィール、自己紹介★★★

   















たまには美容の話(╹◡╹)♡




今日は、
スキンケア(主にフェイスケア)について、わたしの考えてること諸々を
書いてみたいと思います。




タイトルに書いた通り、

サケカス、ハチミツ、ココナッツオイル

についても
ご紹介していきますが、


その前に、ちょっとだけ、
わたしのスキンケア遍歴を。



わたしは、
長年、超乾燥肌でして。


特に、今の時期のように
乾燥する寒い冬は、
顔は、カサカサ、
粉ふき芋のようになり、


くちびるも、
リップクリームを塗らないと
荒れるし、切れたりもする。



みなさんの中にも、そう!っていう方、
いらっしゃるかもしれませんね。



これまで、
いろんな美容オイルやら なにやら、
いろんなメーカーのものを、

あれやこれや、試してきたクチです^ ^



アーユルヴェーダに出逢って、
食生活を含め、

ふだんのケアを見直してからは、
ずいぶんと、よくなってきました。



ターメリックを使ったケアもお気に入り



さらに、
昨年、一昨年と、梅雨の時期に
プチ肌断食をしてからは、
ぐんっと加速的に改善し、


いまでは、まったくの乾燥知らず。



保湿器など、使わなくても、
(もともと ないけど)
お風呂上がりに化粧水をつけるのを
忘れてしまうほど、しっとり。


うるおいまで、感じるようになりました。



ふだんのお手入れは、

せっけんを使って
手ぬぐい洗顔(夜のみ)をした後、



手ぬぐいは、こちらのを使っています→




化粧水
ほんの少しのアルガンオイルのみ。


これで、充分すぎるくらいの
効果を感じています。(自分比)



アルガンは、ヘナでお世話になっている森田さんのお弟子さんが商品開発されたもの。いろいろ試してきたなかで、クオリティが突き抜けてよいと感じます。


そして、これに、

余計なものが入っていない
良質の

🔹ココナッツオイル(コールドプレス、無漂白、無精製、保存剤無添加、プラ容器やBPA瓶でないこと)
🔹非加熱ハチミツ(抗生物質不使用のもの)
🔹酒粕

があれば、

ツヤ、透明感、はり、うるおい、美白、乾燥、くすみ、シワ、たるみ、シミ、吹き出物

など、
ほぼほぼ、
カバーできてしまうではないか!

と、
絶賛実感中です。
(繰り返し書きます、自分比です)




ココナッツオイルとハチミツは、
内服としても使用します。


酒粕は、スキンケアのみに


それぞれ、単独で使うこともあれば、

🔹ココナッツオイルとハチミツ、
🔹ココナッツオイルと酒粕、

の組み合わせで使ったり。



そのときどきの、
持っていきたい肌の状態によって、
使い分けています。



少し前までは、
いわゆる市販の美容オイルやパックなど、
使っていたこともありますが、
(オーガニックコスメのお店を見るのは楽しいですしね♪)


今は、見ることはあっても、
買うことは、なくなりました。


上の三つを使うほうが、
効果をはるかに感じるからです。



と、まあ、これは、
わたしの持論。



美容法や健康法って、
本当に諸説ありますから…ね。



年を重ねたら、
美容にはお金をかけろと
いう話もよく聞きます。


それも、
発信している方からしたら、
事実なのでしょう。
(一方で、そうかな?と思っている人もいる)

◯◯には△△がいい!
というような情報もたくさん。

それも、
発信者の方からしたら、事実


わたしが書いているのも
同じことで、わたしの事実。
(でも、違うよと思っている人もきっといる)


これらは、
どう受けとったらいいのでしょうね?





どちらが正解で不正解、
ということではなくて、


知っておくと、
情報に踊らされることもなく、


発信者の情報に、
懐疑/批判的になったり、

逆に、
傾倒的/依存的になったり、

がなくなると、わたしが思うのは、


その人の世界には、その人の事実がある


そして、

100%すべての人にいいというものはない 
ので、
ジャッジしない

ということです。





誰かがいい、と言うものが、
じぶんに合うとは限らない。


じぶんに合うものが、
人に合うとは限らない。



たとえば、あるものが、何かに効く
(ハチミツには炎症を抑える効果がある、等)
という事実があるとする。


それは、
検証データに基づいての
効果をうたったもの。

それはそれ、としておいて、

さあ、じゃあ、実際に
わたしが取り入れたときに、

わたしのカラダは、どう反応するのか?

ということに、つきるかと。



体質はもちろん、
体調だったり、食生活だったり、
気候や環境だったり、

も含め、トータルでみた
カラダのバランスがどうなのか?


カラダの反応の仕方は、
人の数だけあるということ





特別なケアをしていなくても、
肌がとっても美しい人がいたり、


ものすごくお手入れしてても、
効果が出ない人がいたりするのは、

そういうことなのではないのかな。


これは、美容だけでなく、
いろんなことに言えることかもしれませんね。



話がそれました。



今回は、わたし自身が、
ある一定の期間実践してみて、

効果があったものをご紹介しましたが、


これまで、
ブログでご紹介したものも すべて、


わたしは、こんな考えをベースに、
ものを選び 発信しています、
ということをお伝えしたくて、

長々と書きました。



酒粕も、ハチミツも、ココナッツオイルも、

軽々しく、
どなたにも これはおすすめ!
とは言えませんが、


一つの事例として、紹介しました。



でも、
試してみる価値はありますよっ♡
てな感じです。



以上、
花のいろアーティスト梨里の
素顔の一面をお届けしてみました〜。


昨年の肌断食後の画像。すっぴんで失礼!









少しずつ、

ことばの息を吹きこんで。




ちょうちょは最後に♪







    Before




花のいろアート作品は、

下描きなし、

すべてフリーハンドで描いています。



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる」
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせ☆☆☆


🔸プロフィール、自己紹介★★★

   



昨日のこちらの記事→


の続きです。



お稽古で
感動したこと②

これは、
いつも感じていることですが


能楽師の方々の
優れた技量、
プロフェッショナル性

に、
あらためて感動しました。



わたしは今、
熊野(ゆや)という曲の
仕舞(しまい、と読みます。踊りのようなもの)
を習っています。




この曲は、
わずか3分少々


と、すごーく短い。


なのに、なのに、
なかなか、覚えられず!


悪戦苦闘しています。



覚えた後も、

動きをなめらかに美しく、

とか、

表現を高める、

とか、

細かい指導が
待っており、


考えただけで、
気が遠くなり、
(なので、あまり考えない 笑)


永遠に終わらないかのように 、
感じます。






なのに(?)
能楽師の方は、


舞台では、

面(おもて)をかけて
ほとんどなにも見えない状態で、

動きづらく、
重い能装束(重いものだと20kg以上)をつけたまま(そしてすごく熱いのだそう)、


1時間半もぶっ続けで演じる(舞、謡)のですよ〜。


申し合わせという、
出演者全体でのリハーサルも、 
たった一回のみで。





師匠は、

「わたしたちは、
これしかやってませんから」

おっしゃいますが、


いやほんと、
すごすぎます。



記憶力、体力、表現力に、
稽古、舞台のたびに感動します。 



お能は、
舞台を観るだけでも
じゅうぶん楽しめますが、


実際にじぶんがやってみると、

より、おもしろさ、深さを
味わえる。


そして、
能楽師の方々の
圧倒的な技量の高さを
間近で感じられるので、

うちのめされるより楽しめる
と実感しています。




わたしは、
舞台をめざしているわけでは
ぜんぜんなくて、


お能の精神性にふれたくて
入門しましたが、


お稽古をすることで、
より舞台が楽しめる、

舞台を観ることで、
よりお稽古の励みになる


ということで、
相乗効果、かな〜
と思っています。



絵を描くときの集中力にも
つながっていく…とうれしいな♪





今日は、
今年初めての鑑能。


トータルで5時間と
長丁場ですが、


たっぷり能楽の世界に
浸ってきます。


みなさまも佳き一日を。



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる」
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせ☆☆☆


🔸プロフィール、自己紹介★★★

   



昨日は、
お能の稽古初めでした。





いつもは1時間ですが、


昨日は、
わたしの後の方が、
お休みだったこともあり、


お師匠との談笑も含めて、
たっぷり1時間半でした。


これ幸いと^_^
お能に関する
ふだんからの素朴な疑問を
お聞きしたり、


今年の
お舞台の見どころを伺ったり、


お師匠が、
楽茶碗がお好きということで、


先日のこのこと↓のお話をしたり。







お稽古そのものも
楽しいのですが、


こういった時間が、
なんとも嬉しく、
有り難いなーと思います。



さて、
今日は、

昨日のお稽古で
感動したことについて、
書いてみます。



一つ目は、
型の表現の豊かさ。



春、夏、土用、秋、冬といった
季節を、


風や桜、雪など、
自然の様子を

扇の動き表現する。






なんて、
すてきなんでしょう!



お見せしたいくらいです。



お能の舞台には、
舞台装置や小物などがほとんど
ありません。







役者も(ほとんどの場合)
面(おもて)をかけているので、
表情もわからない。



お師匠ではありませんが、観世流の田茂井先生によるwsで能面をつけさせてもらっているところ。


シテが持つが、
ほぼ唯一の道具。



なので、
四季、場面や感情などを
表現するのは、

おもに役者の型や、動きとなる。



おのずと、
それら一つひとつが繊細で、
だからこそ、
より表現が豊かになる
のでしょうね。



感動したこと、二つ目。



は、
長くなりそうなので、
次回にします。



分野は違えど、
わたしもアーティストとして、


美とは?
表現する、とは?

について、
いつも考えていることもあり、


ふとしたときに、

お能の世界では、
どうだろう?


という視点でみたり、
インスパイアされたり、

できる存在にふれられている。



入門して本当に良かったな、と
思っています。




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる」
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせ☆☆☆


🔸プロフィール、自己紹介★★★

   









↑このページのトップヘ