花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡



インスタグラムで


梨里の週末寄り道アート(仮題


を始めました


https://instagram.com/p/BSGcF92hC1q/




ハッシュタグ(#)は、

#梨里の週末寄り道アート




いつもは、

わたしの作品や制作過程を

ご紹介しているのですが、



たまには

寄り道してみようかと。




わたしが心を動かされたアート、

暮らしの中で見つけた

すてきなアートなどについて、



アップしていきたいと

思っています。



よかったら

のぞいてみてくださいね♡

フォローも大歓迎です。




以下、インスタより転載した

昨日の投稿内容です。



============














Emily Kame Kngwarreye, 

Aboriginal artist.



オーストラリアの

アボリジニアート画家、

故エミリー・ウングワレー。



正規の美術教育を

受けたことはなく、



70歳を過ぎてから絵を描き始め、

亡くなるまでの8年間で

3000点以上の作品を描いたという。



いくつになっても

始めるのに遅すぎることなんてない



ということを

教えてくれた画家。




#梨里の週末寄り道アート



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html





4月からの新メニュー


『Art for You〜あなただけの '花のいろ'』



先行モニター様企画

お申し込み下さいました

N様からのご感想です。




*・゜゚・*:.。..。.:*



まず絵にキューン♡
そして「いつもこころにはな歌」っていうアートメッセージにズッキューン♡
嬉しい!心踊るとはこのこと!

そんな風にインスピレーションを感じていただけるなんて!リカさんに感じていただいた私のエネルギーを、大切にしたいなと思いました。

私がいつもキュンキュンさせてもらってるリカさんの絵、私のために書いてもらえるなんて♡ほんまお願いしてよかった!ありがとうございます!

何度もじっくり見ていく度、あっ、こんな色も入ってた!とかあっ、お魚さん、あっ、カタツムリも!とか発見があって、それもまた嬉しい♡♡

毎日、ホッと一息コーヒー飲む瞬間に眺めるのがしばらく習慣になりそうです!
本当にありがとうございました!





Nさん、

ありがとうございます!



Nさんのメッセージに

わたしもキューンです♡



描いていると、楽しくなって、

思わず、はな歌を歌いたくなるような

場面がなんどもありました。



花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html





4月からの新メニュー


Art for You〜あなただけの '花のいろ'


に先行しての

モニター様企画→


http://hananoiro-art.blog.jp/archives/9997924.html


にお申し込みくださった

みなさまの作品を紹介しています。




お一人おひとりの

力強く、美しいエネルギーを、

インスピレーションで感じとり、 



メッセージを添えてお届けする

Art for You〜あなただけの '花のいろ'



*・゜゚・*:.。..。.:**・゜゚・*:.。..。.:*



今回は、

N様へお届けした作品です。




*作品はフレームに入れてお届けしています。




 




【お申し込み理由】


「実はムスメが出来てから、ムスメのために絵を描いていただきたい なぁ、出来たらテキスタイルデザインを〜と思ってまして。でも、 「花のいろ」はまずぜひ私がお願いしたいなぁと♡そして、ゆく ゆくはムスメもお願い出来たらなと思ってます!」




ありがとうございます。



N様のメッセージ

そのものが、


わたしの夢の一つに

なりそうです。




私から

N様へのメッセージは、



「いつもこころに はなうた」




楽しそうに はなうたを歌って

いるN様を見て、

まわりの人(動物や花も)も

つられて歌い出してしまう…



そんな場面のイメージが

降りてきました。





 



うれしいご感想も

いただきましたので、


次回、

ご紹介させていただきますね。





花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html










4月からの新メニュー


『Art for You〜あなただけの '花のいろ'』



先行モニター様企画

お申し込み下さいました

S様からのご感想です。




*・゜゚・*:.。..。.:*




「白い和紙の袋  リボン  封筒。

ワクワクしました。


神秘的。発信してくださっていた、作品を見せていただいている時にも感じていました。


優しく  温かく 柔らかく シャープで・・・といろいろ感じていたのですが、でも常に神秘的。とくに、三日月の作品は、私に問いかけてくれる感じでした。


さあ〜私のためだけの作品。


te ・ ra ・su


色々な色  光  を感じてやはり温かく感じます。青色の花が薄くオレンジ色にみえてきて  毎日の見え方がたのしみです。


本当、素敵な作品(梨里さんのこどもさん)大切にします。


ありがとうございました。」





ありがとうございます!




S様からのメッセージ、

わたしも大切にします。







花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html







4月からの新メニュー


Art for You〜あなただけの '花のいろ'


に先行しての

モニター様企画→


http://hananoiro-art.blog.jp/archives/9997924.html


にお申し込みくださった

みなさまへの作品が完成しました。




お一人おひとりの

力強く、美しいエネルギーを、

インスピレーションで感じとり、



メッセージを添えてお届けする

Art for You〜あなただけの '花のいろ'





これから

少しずつご紹介してまいります。




*・゜゚・*:.。..。.:**・゜゚・*:.。..。.:*






今回は、

S様へお届けした作品です。


*作品はフレームに入れてお届けしています





 




【お申し込み理由】


「アーユルヴェーダの講座や

ヘナのワークショップ…に

随分気づきを教えてくださいました。

素敵な梨里さんの分身を毎日眺め、

パワーをいただきたいです」





なんといううれしいお言葉!

ありがとうございます♡





私からS様へのメッセージは、


「te・ra・su」




まわりを「照らす人」


自然に人が集まってくるような

「テラス」



をイメージしました。




これから、

ますます すてきなことが

S様に降り注いでいきますよ〜♪



どうぞ、お楽しみに。






     




花のいろアーティスト♡梨里(Risato)
 

「そこにあると人と空間が美しくなる
花のいろアート

♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡



🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html






↑このページのトップヘ