花のいろアーティスト 梨里 Risato's Gallery & Color of Life

そこにあると 人と空間が美しくなる『花のいろアート』   ♡あなたに寄り添う一枚、アートのある暮らしをご提案♡

今日は、
こちらの記事の続き。






オーダーしていた
ロイヒトトゥルムのノートが
伊東屋さんより
届きました。






うれしい!



ネイビーブルーの
落ち着いた色も
いい感じ。







バレットジャーナルは、

本のような
インデックス(目次)と
ページで管理するのですが、


最初から
その両方が入っているところも
気に入りました。



今は、
うちにあったノートで、
バレットジャーナルを
試運転中。


時が来たら
新しいノートに
シフトしたいと思います。





表紙のポストカードは
グスタフ・クリムトの
メーダ・プリマヴェージ。

クリムトの中で
一番好きな絵です。



いつか、
本物のこの絵を観に
行くのが夢です♡



絵が観られるのはこの美術館↓




MET。
ニューヨークの
メトロポリタン美術館です。



学生の頃、

英語の
リスニングクラスの先生が、


毎年夏休みになると、
メトロポリタン美術館を
訪れるためだけに
NYに行かれていて、


後期が始まると、
必ずその美術館のお話から
授業が始まっていました。


そういうのって
いいなあって思って、


それだけ
すごい魅力がある
美術館てどんなところなんだろう、
と、憧れていました。


先生が、
メトロポリタン美術館に
行くきっかけとなったのは、

この小説。





物語は、
主人公のクローディアが、
弟を誘って家出をするところから
始まります。


家出の先は、
メトロポリタン美術館。


ミケランジェロの像に魅せられた
二人が、そこに秘められた
謎解きをしていく、
というお話。


わたしも読んで
大好きになりました。




一枚の絵や一冊の本から
物語が展開していくのって
本当にワクワクしますね。


そして、
そのワクワクを
じぶんの中に取り込んで、

さらに物語を紡いでいく。

 
花のいろアートも、

どこかの誰かにとって
そんな物語が生まれるきっかけに
なったりしたらステキ、

と思いながら描いています。






花のいろアーティスト 梨里


「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート


地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます


♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html








嵐の落としもの♡
デザインと色彩を学ぶにはもってこい!



肌断食を始めて
今日で73日目になりました。


始めた経緯はこちらから→



こっそり裏ブログ更新中→


わたしの肌断食は、


🔸スキンケアをしない
(洗顔後の化粧水や美容液、オイルなどでの
お手入れをしない)
🔸ポイントメイクはする


というものです。


肌断食を始める前のお手入れは、

石けんでの洗顔後
(クレンジングはもともと使わず)に、
化粧水とアルガンオイル。


そのほかにも、
気になったときに、

アーユルヴェーダの
ターメリックオイル、

酒粕、アロエベラ、
カッサでのマッサージなど、

あれやこれや
していましたが、


今は…

全く…

してません。

(まず一年間は肌断食を続けようと)


洗顔して
タオルでふく。


以上!
男子みたい 笑 



なのですが、

肌は、

すこぶる

絶好調

です。






肌断食を
始めたばかりのころは、

粉をふいたり、皮むけしたり、
角栓が目立ったりと、

気になる変化は
あったものの、


過去記事でも紹介した
宇津木先生と平野さんの
ご著書を熟読し、


そういった変化は、
肌が本来の状態に戻る過程で
一時的なものだと
わかっていたこともあり、

不安にはなりませんでした。



それよりも、

よい方向に変化していくのが
目に見えて感じられているので、

その喜びの方が大きいです。



わたしが
一番変わったなと感じるのは、

肌のトーン、透明感、キメ
(て、三つもある



肌のトーンは、ぐんと明るくなり、
くすみが減って透明感がアップ。

キメも細かくなりました。



乾燥時期にもかかわらず、
トラブルはほぼありません。



今のケアは、

朝は、

ぬるま水で洗顔


夜は、

基本は
ぬるま水で洗顔


ポイントメイクをしたときに
その部分を
純石けんで落とす


(ポイントメイクはお湯で
落ちるものorクレンジングの要らない化粧品を使用しています。ベースに日焼け止めを塗るのもやめました。


です。



目元や口まわりが
極度に乾燥して、

粉をふいたり
かゆくなったときだけ、


白色ワセリンを
ほんの少し塗ったり、


長年使っている
神野々のお水を、

洗顔後、気が向いたときに
シュッとひと吹きする程度。





この時期は
特になのでしょうけど、


雑誌や、
美容家さんの発信されている記事を
読むと、


乾燥は大敵!
保湿が大切!


と謳われていることが
多いですね。


乾燥・保湿対策についての
記事も目立ちます。


わたしが
肌断食をやっていて思ったのは、


それってほんとかな?


本来の健康な肌は
そんなに保湿が必要?


保湿をするための
美容品自体が、

かえって肌を乾燥させ、
本来の肌力を低下させるのでは?
(これは、宇津木先生も著書の中でも
強調されていることです)


などなどなど。



ここでは、
詳細は省きますが、

わたしの場合は、

本来の
お肌の性質、メカニズムを知り、
実践、体感してみたことで、


今まで、
よいと思っていたこと、

常識と思って
やっていたことが、

かえって
肌にはよくなかったかも…

と、真逆に変わりました。



肌に限らず、ですが、

何かの情報に触れたとき、


はなから疑う

とまではせずとも、


他の観点や見方はないかな?

とか


それって、
わたしにとってはどうなの?


などなど、

いったん
立ち止まって考えてみる、


ということを
大切にしたいと、
改めて思いました。



これは、
つい最近、
絵を描いている中でも
感じたことです。



和紙とアクリル絵具は、
合わないだろうと
なぜか決めつけて
トライしていなかったのですが、


いざ、
やってみたら、


あら!
とてもいい感じに
仕上がりました。







肌断食を通して、

ものごとの捉え方について
学ばせてもらったなーって
思っています。



おまけ:

洗顔後、
スキンケアはほぼゼロなので、

かわりに 
鏡を見て 肌をなでながら、

きれいねー、美しいねー、
ありがとうねーって
自己暗示かける
怪しい人になってます 笑


めざせ、
すっぴん美人!





花のいろアーティスト 梨里


「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート


地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます


♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html

10/20にスタートした


Hirosaki Design Week 2017


弘前クリエイター展

〜弘前アップルデザインアワード〜



にて、

入賞したわたしの作品が

展示されています。





 HPでも

 紹介して下さっています↓

🔸

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hdw/apple_award2017.html

🔸

(作家名はRika Ogawa



今回は、

キャプションや絵の説明や

コンセプトなど、エントリーが

すべて英語だけあって、


海外の方のエントリー&受賞も

約8割とのこと。



思わず、

わ、すてき〜!と心躍るような作品や、


斬新なアイデアや表現力に

うなってしまうような作品も

たくさんあり、



とても

いい刺激をいただきました。









今後の制作活動に

繋げてまいります。



Hirosaki Design Week 2017


は10月29日までの開催です。



花のいろアーティスト 梨里


「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート


地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます


♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html






今朝は、玄関を出たとたんこの光景!




そろそろ、

来年のダイアリーをどうしようかな?

とあれこれ思いを巡らせる時期に

なりましたね。




みなさんは、

バレットジャーナル 

ってご存知ですか?




わたしはこの本で

初めて知ったのですが、






 


バレットジャーナルとは、



NY在住の

デジタルプロダクトデザイナー 

ライダー・キャロルさんが開発された

スケジュールやタスクを

管理する手帳術(システム)です。



開発のきっかけは、


ライダーさんご自身に

学習障害の困難があったこと。



大事なことを即座にとらえ、

一目ですぐに理解できる

記録のしかたを

試行錯誤し続けた末に

できたものなんだそう。




この本の著者Marieさんも、

前書きで



'子どものころから

忘れ物が多く、注意散漫。

一つのことに夢中になると、

ほかのことがまったく

見えなくなるたちです。


整理整頓が苦手で、

少し気を抜くとすぐに

部屋は雑然としていまいます。


...バレットジャーナルに

タスクやスケジュール、その他

もろもろを書き出していくと

ごちゃごちゃだった私の頭の中が

本当にすっきりするのを感じます。'



と、

書かれていて、



あ、これ私のことだー!と

大きくうなずきながら

読み進めました 。



誠実なお人柄が伝わってくる

すてきなMarieさんブログ→


🔸MANDARIN NOTE


Marieさんブログの中で、

わたしの裏インスタグラムの投稿を

ご紹介下さっています→

🔸「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル 本の内容紹介ページ



さっそく手持ちのノートで

バレットジャーナルを

始めてみたのですが、



ほんと!


頭の中がすっきり

整理整頓されて

すごくいい感じです。




バレットジャーナルの

一番のキモといってもいい



Rapid Logging:

素早く(なんでも)記録すること


箇条書き(シンプルにできるだけ短く)



が性に合っているようで、



宙ぶらりんのことが

頭・心の中になくなるんですよね〜。



そして、


いつでもどこでも

手帳を開きたくなるから

不思議です。




インスタグラムの

ハッシュタグ 


#バレットジャーナル


#bulletjournal


で検索すると、



カラフルなマステやシール、

イラストの手書き、


とクリエイティブに

バレットジャーナルを

楽しまれている様子が

目に入ります。



わたしは...


どちらかというと

ベーシック&シンプルが好み。



そういう意味でも、

この本は、


キホンのキをシンプルに

伝えてくれているので、


じぶんとのfit感が

大きかったようです。









本でMarieさんが紹介されていた

ドイツの文具メーカー

ロイヒトトゥルムのノート

LOFTに見に行き 、



欲しい色の在庫がなかったので、

ネットでオーダーすることにして。



わたしが選んだのはこれ↓






新しい手帳って

ワクワクするものですね。



すてきな相棒とともに、

わたしらしい世界を

描き創っていきたいです。



届くのが楽しみ♡



花のいろアーティスト 梨里


「そこにあると人と空間が美しく輝く
花のいろアート


地球(ほし)のささやきを
'花のいろ'で奏でます


♡あなたに寄り添う一枚、
アートのある暮らしをご提案♡


🔸花のいろアートのオーダー制作
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらからhttp://ws.formzu.net/fgen/S47965599/  /

🔸プロフィール、自己紹介はこちらから→http://hananoiro-art.blog.jp/archives/2282882.html










和紙に

秋の花を散りばめて。



意外にも(?)

アクリル絵の具が

和紙になじんで 

うれしい驚きでした。




連日の雨、雨、雨。



よく降りますね。



ここまで続くと、

次に晴れた時は

どんなに喜びが大きいのだろう


と、ワクワクもします。




そして、

すてきなこの言葉も

思い出します。



'There is really no such thing 

as bad weather, 

only different kinds of 

good weather.'



'本当に悪い天気なんてものはない。

ただ、さまざまな種類の

よい天気があるだけだ。'



Happy rainy day!



 梨里@雨の日ならではのことを楽しもう!


↑このページのトップヘ